知っておきたいQ値、C値、Ua値

ZEHを断熱から考える

Q値、C値、Ua値
深く知ろう

その住宅がZEHに該当するかどうかを判断するための条件は、大きく分けて2つあります。高断熱による省エネを実現していることと、太陽光発電などによる創エネ設備を設置していることです。
このうちの、高断熱を判断するうえで欠かせないのが、Q値、C値、Ua値。
ここでは、これら3つの数値が示す意味とその数式の定義について解説しています。ZEHについて勉強されている人は、ぜひ目を通して見てください。

Q値とは?

Q値=熱損失係数

Q値は、熱損失係数という、住宅の断熱性能を示す数値です。具体的には、建物の中と外の温度を1度と仮定したときに、建物の外へ逃げる時間当たりの熱量を延床面積で割ったもので、以下のような数式で求めることができます。

Q値 = (各部の熱損失量の合計 + 換気による熱損失量の合計) / 延べ床面積

熱損失量の計算に手間が掛かりますが、住宅各部の断熱性能を俯瞰的に把握することができるため、2013年まではこのQ値を用いて家の断熱性能を判断していました。

省エネルギー基準の改正によって断熱基準はUa値で判断されるようになりましたが、いまでも空調にどれくらいのスペックが必要かを判断したり等、快適な住宅性能を示す指針として活用されています。

C値とは?

C値=相当すき間面積

C値とは、相当すきま面積という、1平方メートルあたりにある隙間の面積を示す数値です。以下の数式で求めることができます。

C値 = 住宅全体のすき間の合計面積(単位は平方センチ) / 延べ床面積(単位は平方メートル)

おもに住宅の気密性を示すための数値で、C値が小さいほど気密性が高い住宅ということになります。ちなみに、一般的な住宅のC値は10平方センチ/平方メートル。次世代エネルギー基準に該当する住宅のC値は、III地域以南で5平方センチ/平方メートル、II地域で2平方センチ/平方メートルと規定されています。

このC値は、住宅会社によって平均値が大きく違い、中には1.0を切るような住宅メーカーも存在します。気密性の高い住宅を希望する場合は、相談の前に、業者の施工の傾向についてしっかりチェックされることをおすすめします。

Ua値とは?

Ua値=外皮平均熱貫流率

Ua値とは、外皮平均熱貫流率という、住宅の断熱性能を示す数値です。具体的には、建物の中と外の温度を1度と仮定したときに、建物の外へ逃げる時間当たりの熱量を外皮面積(外皮=天井、壁、床、窓等)の合計で割ったもので、以下のような数式で求めることができます。

Ua値 = (各部の熱損失量の合計) / 延べ外皮面積

Ua値も、Q値やC値と同じく、値が小さい方が断熱性能に優れていると判断できます。

2013年からは、Q値に代わってUa値が、省エネルギー基準を達成しているかどうかの基準となりました。ちなみにZEHの基準は、0.40~0.60(細かい数値は地域区分による)となっています。

まとめ
Q値、C値、Ua値は住宅の断熱性能を示す根拠となる数値

Q値、C値、Ua値は、住宅の断熱性能を判断するための重要な数値です。なかでもUa値は、その住宅が省エネルギー基準で示されるどの区分に該当するかを判断するための根拠となります。

込み入った式ですので、具体的にどう数値によって成り立っているか、ということまで理解する必要はありません。しかしUa値という数値は打ち合わせなどでも耳にすることが多いと思います。概要だけでもあらかじめ頭に入れておくことをおすすめします。