ZEH・ゼロエネ住宅を建てよう

ゼロエネ住宅(ZEH) ゼロエネ住宅(ZEH)

ゼロからわかるゼロエネ住宅

ここ数十年で、家庭での消費エネルギー量は激増しました。しかしその一方で、国際的なエネルギー需給は不透明な状態が続いています。こうした背景もあって、国はエネルギー的に自立した住宅、通称ゼロエネルギー住宅(=ZEH)の普及を急いでいます。2020年、2030年といった節目ごとに具体的な普及率の目標も設定されており、それを達成するために官民が一体となってさまざまな施策を行っているのが現在の状況です。
このサイトは、そんな今注目のゼロエネ住宅について、基本的な知識を解説する目的でまとめました。ぜひ参考にしてください。

ZEHに強い会社の特徴をチェック

北海道 北海道
東北 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川 東京
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国 鳥取 島根 岡山 広島 山口
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ゼロエネ住宅の定義

「ゼロエネ」とは文字通りエネルギーがゼロのことです。
だから、ゼロエネ住宅はエネルギー消費がゼロの住宅ということになるのですが、人間が居住している以上は最低限のエネルギー消費が必要です。

ゼロエネ住宅の基本的な考え方は
「省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと」「消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと」
この二本柱によって成り立っています。

政府機関としては経済産業省で「住宅のネット・ゼロ・エネルギー化推進事業」に補助金制度を設けて、これを奨励しています。経済産業省による「ゼロ・エネルギー・ハウス」は次のように定義されています。

経済産業省による
ゼロ・エネルギー・ハウスの定義

「建築物における一次エネルギー消費量を、建築物・設備の省エネ性能の向上、エネルギーの面的利用、オンサイトでの再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる建築物

ZEHを建てるなら!
3つのポイント

  • POINT01

    Ua値

    ZEHの断熱性能を表す大事な値がコレ!

    ゼロエネ住宅(ZEH)でまず考えたいのは、省エネの要とも言える断熱性能です。Ua値は、そんな断熱性能を示す数値のこと。低いほど高気密・高断熱とされており、東京・神奈川エリアではUa値が0.6以下かどうかという点が、ゼロエネ住宅と一般住宅を分ける基準とされています。最近は0.3未満で対応している建築業者もおり、Ua値をチェックすることで、業者の施工力をある程度把握することができます。

  • POINT02

    準防火地域

    実はあなたの住まいも!?
    業者が限られる地域

    住宅が密集したエリアは防火地域や準防火地域に区分され、一般住宅よりも高い防火性能を求められます。

    防火地域は都市の中心地や市街地など、限られたエリアが指定されておりますが、準防火地域は比較的広範囲に指定されています。 準防火地域にゼロエネ住宅を建てる場合、断熱の要となる断熱材にも防火性・耐火性が備わっている必要があります。準防火地域に対応した素材を扱う業者の母数は少ないですが、ここで妥協してしまうとほかの部分で断熱性を担保しなければならず、余計なお金がお掛かります。業者選びでは妥協しないようにしましょう。

  • POINT03

    補助金受給に
    関わるスペック

    装備はすべて「ハイスペック」が条件なのか

    ゼロエネ住宅は、断熱・省エネ・創エネをバランスよく備えていなければなりません。例えば、断熱性能は高いので冬は暖かいけど空調がいまいちで夏は暑い、や、創エネの要となる太陽光パネルのスペックが低い、という住宅では片手落ちです。

    補助金の基準を満たすためにも、すべての素材や設備がハイスペックであることが望ましいとされています。業者を選ぶ際は、取り扱われている素材・設備などにも目を向けることをおすすめします。有名メーカーだからと安易に選ばず、専門的な知識を持つ担当者にしっかりと話を聞くことも重要です。

特集ZEHに強い会社の特徴を
徹底解明

注意すべき3つのポイントを踏まえて、ZEH建築に積極的に取り組んでいる 会社の特徴をまとめてみました。どんな特徴があるのかぜひチェックしてみてください。

断熱・省エネ・創エネ

ZEHに欠かせない!断熱・省エネ・創エネ

  1. ZEHにおいて必ず考えなければいけない断熱性能。高気密高断熱の家は、外気温の影響を受けにくいため、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴です。冷暖房の効率も良く、光熱費が抑えられるというメリットがあります。断熱性が低い家の場合、部屋のエアコンを効かせるために、細かく部屋を区切り個別にエアコンをつける必要がありますが、ZEHであれば1台のエアコンでも家中どこにいても快適に過ごすことができます。さらに家中の気温差が生じにくく、ヒートショックの心配も軽減できるため、お年寄りがいるご家庭でも安心です。

  2. ここ数年で省エネという言葉を耳にすることがどんどん増えてきました。ZEHにおいても省エネは大きな役割を果たします。ZEHは気密性・断熱性が高く、室内を快適に保つことができるため、エアコンの使用頻度が減り自然と省エネに。

    また、HEMSを導入することで、どれくらい電力を使っているのかを目で見て確認できます。ゲーム感覚で節電を楽しむことができるため、大人はもちろん、小さな子供も一緒になって、省エネに取り組むケースもあるのだとか。省エネに力を入れることで余剰電力が増え、より多くの電力を売電することもできます。

  3. 消費するエネルギーをゼロにするためには、エネルギーを創りだす設備が必要となります。現在主流となっているのは太陽光発電。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業では、太陽光発電システムを導入することを補助金支給の条件としています。さらに太陽光発電を使って発電したエネルギーを蓄電池で貯めておくことで、夜間の電力を節電したり、万が一の災害対策にもなります。

    消費エネルギーを可能な限り減らすことももちろん大切ですが、自宅のエネルギー消費に必要な量のエネルギーを創りだすことも、ZEHにおいて大切な条件となります。

PICK UP!電気の見える化
HEMS(ヘムス)とは?

エネルギーの「見える化」を実現した
家庭用システム

HEMSとは、「Home Energy Management System」の頭文字をとって名付けられた、家庭で使用するエネルギーを管理するシステムのこと。電気設備や色々な家電と接続することで、電気やガスなどの使用量の見える化が可能となっています。使うエネルギーを削減するためには、何にどれだけエネルギーを使われているのかを知らなければいけません。

またエアコンや照明を自動制御してくれるため、何も意識することなく、自動的に節電することが可能です。まだ知名度が低いHEMSですが、今どんどん導入する人が増えてきています。ZEHにおいて重要な役割を果たすものです。

ゼロエネ住宅
(ZEH)とは?

ゼロエネ住宅とは、通常の住宅で想定される消費エネルギー量の20%以上を高断熱などによる省エネで削減し、80%以上を自家発電による創エネでまかなうという、消費エネルギーを実質ゼロ以下に抑えられる住宅のことです。ゼロエネ住宅のほかに、ゼッチ(ZEH = Zero Energy House)などとも呼ばれます。

ここ数十年で家庭での消費エネルギーが激増したことや、国際的なエネルギー需給が不安定であることなどを背景に、国と民間企業が連携して普及を急いでおり、将来的には過半数の住宅がゼロエネ住宅になることが見込まれています。

ここでは、ゼロエネ住宅の定義や、ゼロエネ住宅を建てることでもらえる可能性がある補助金などについて解説していきます。

  • ゼロエネ住宅の定義 ゼロエネ住宅と認定されるためには、いくつかクリアしなければならない条件があります。高い断熱性能を持つことは前提ですが、それ以外の各種設備の効率化も不可欠です。押さえておきたいゼロエネ住宅の定義をしっかり学びましょう。
  • 補助金について いつまで続けられるかは不透明ですが、2017年現在、公募に応募して審査に通れば、ゼロエネ住宅を建てたことによる補助金を交付してもらえる可能性があります。補助金の申請方法や、参考にしたい落選してしまった人の体験談などを紹介します。
  • イニシャルコストとランニングコスト ゼロエネ住宅は、一般住宅よりもコストが掛かります。しかし長い目で見れば、じゅうぶんに元を取ることが可能。ここでは、ゼロエネ住宅を建てる際のイニシャルコストとランニングコストについて解説します。
  • ZEHにすると何がいいのか 光熱費が節約できる、というのが代表的なメリットですが、ZEHにはそれ以外にも一般住宅にはない数々のメリットがあります。将来的な見通しまで含めて、主だったものを紹介します。
  • 経済産業省のZEHロードマップとは? ZEHの普及を確実なものとするための方策として、経済産業省と有識者がZEHロードマップというものをまとめています。家づくりには直接関係ありませんが、参考情報としてぜひ目を通してみてください。
  • ZEHビルダーの考え方と取り組み ZEHビルダーとは、環境共創イニシアチブという社団法人に認定された、ZEHを手掛けることができる建築業者のことを言います。ここでは、ZEHビルダーの定義や、その役割について解説します。
  • 地域風土で考える東京神奈川のZEH 東京・神奈川のような都心でZEHを建てる場合、いくつか知っておきたい事項があります。とくに、使う素材や設計などが制限される準防火地域については、ぜひそのエリアの諸条件を把握されておくことをおすすめします。
  • ZEHと健康の関係 ZEHの大きな特徴は高断熱による省エネと自家発電による創エネですが、このうちの高断熱は、健康面でもいい影響を与えてくれます。ZEHならではの健康への好影響を紹介します。
  • どうなる?ZEH震災シミュレーション ZEHには一般住宅にはない、万が一災害が起きた場合に役に立つ機能が備わっています。具体的にどういったことが期待できるのか、かんたんなシミュレーションをまとめてみました。

ZEHの魅力

光熱費がプラスになる仕組み

ゼロエネ住宅は高気密・高断熱で冷暖房の使用頻度が減ったり、エコキュートを利用することでガス代の節約になったりと、光熱費が下がる理由がたくさんあります。それに加えて太陽光で発電した電力でその分をまかない、余った電力を電力会社に売電することで、プラスの利益を得ているという方もたくさんいます。
しかしゼロエネ住宅には、創エネのための設備を導入する必要があります。その費用が建設費用にプラスされるため「本当に元が取れるんだろうか」と不安に思う方も多いでしょう。実際に普通の住宅とゼロエネ住宅では、どれくらい光熱費に差が出るのでしょうか。国土交通省が参考資料を公表しているので、かんたんに比較してみましょう。

コスト比較 家電等 給湯 冷暖房 合計
一般的な新築住宅 87,000円 96,000円 88,000円 271,000円
次世代省エネ住宅 87,000円 96,000円 56,000円 239,000円
省エネ25%UP(エコキュート) 79,000円 17,000円 40,000円 136,000円
ゼロエネ住宅 - - - -9,000円
コスト比較
一般的な新築住宅 家電等 87,000円
給湯 96,000円
冷暖房 88,000円
合計 271,000円
次世代省エネ住宅 家電等 87,000円
給湯 96,000円
冷暖房 56,000円
合計 239,000円
省エネ25%UP
(エコキュート)
家電等 79,000円
給湯 17,000円
冷暖房 40,000円
合計 136,000円
ゼロエネ住宅 家電等 0円
給湯 0円
冷暖房 0円
合計 -9,000円

ZEH基準以外にもこだわりたい高性能な家とは?

家族が幸せに暮らせる家は、高性能であることが条件。高性能な家とは、家の耐久性が高いことや、万が一の災害に対する備えがきちんとあるか、住みやすい間取りであるかなど、判断するポイントはさまざまあります。さらに高性能な家をつくるためには、質の良い素材と高い施工技術が必要です。

高性能な家がどんな家なのか、どんなところに注意すれば良いのかを知っておくことで、住宅会社との打ち合わせもスムーズに。それぞれのページで詳しく解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

憧れのZEH生活!1日の流れ

ZEHにすることで生活はガラリと変わり、快適な生活が送れるようになります。このページでは、1日の流れをシミュレーションしながら、ZEHならではの魅力を解説していきます。ZEHに暮らすとはどういうことなのか、どんなメリットがあるのかぜひ参考にしてみてください。

  • AM06:00 室温15℃。快適な起床
    高断熱により、朝でも快適な温度で起床。
    各部屋の温度差も少ないため部屋間の移動もストレスフリー!
  • AM07:00 省エネエアコンで朝の安らぎを
    ZEHは空調設備も重要なポイント。部屋中すぐに温まる省エネ設計のエアコンで真冬でも寒さ知らず。
  • PM13:00 売電で収入を得ることも可
    太陽光パネル搭載で余剰分の電気を売電できます。家にいるだけで収入!という夢のような話。
  • PM15:00 地震が起きても不安を乗り切れる
    災害に強いZEH。万が一停電や断水が起きても、装備が充実していればいつもと変わらない日常を過ごせます。
  • PM23:00 これからの資産価値を考えて、やっぱりZEH!
    現在、国をあげて取り組んでいるZEHの普及。資産価値を高めるためにもZEHは有利と言えるでしょう。

東京・神奈川のZEHに強い!ハウスメーカー・工務店
一覧

東京・神奈川でZEH建設を手掛けるハウスメーカーや工務店を集めました。それぞれが手掛けるZEHの特徴や口コミ評判をまとめてみました。

  • サカエ建設 準防火地域や狭小地にもZEHを建てられるノウハウと技術力を持つ住宅会社です。間取りの自由さも魅力の1つ。
  • 一条工務店 ZEHが目指す光熱費ゼロを上回って、プラスの利益を生み出すことを目標にした、「超ZEH」の家を手掛けています。
  • ミサワホーム 標準仕様がとても充実しているのが特徴。高断熱の構造体や高断熱サッシを採用し、断熱性能に注力しています。
  • セキスイハイム エネルギーの自給自足をテーマにZEH建設を行っている住宅会社。家電消費を含む全てのエネルギーがゼロになることを目指しています。
  • 山本建設 充実した設備が魅力の、地域密着型工務店です。Panasonicの太陽光、ダイキンの高効率エアコンを導入しています。
  • 渡辺工務店 スーパーウォール工法を採用し、ZEH建設を行う工務店。地元神奈川の自然を守り、環境に配慮した家づくりをしています。
  • パナホーム 「ゼロエコ」というZEHを提案しています。環境にも家計にも優しい家づくりを目指す大手ハウスメーカー。
  • 神奈川住建センター 外断熱・二重通気工法が強みの住宅会社。地域密着型の工務店で、住む人を笑顔にする家づくりを行っています。
  • 神奈川エコハウス 住み心地の良さにこだわり、快適な室内環境を作りだすパッシブデザインを取り入れているところが魅力的です。
  • ヘーベルハウス 耐久力のある断熱材を使用した、「ロングライフZEH」をプランニング。自然を活かした家づくりに定評のあるハウスメーカーです。
  • ヤマト住建 断熱材や各種設備にこだわった高性能住宅、エネージュシリーズをラインナップするハウスメーカー。コストパフォーマンスの高い家づくりが評判です。
  • トリヤベ住建 ゼロエネルギー住宅で地域No1を目指している住宅会社です。土地探しなどにもワンストップで対応しています。
  • ジェーアールシー 最先端の紙から作られる断熱材、セルロースファイバーを使用するハウスメーカーです。バスツアーなども開催し、ZEHの普及に努めています。
  • ハウスネット 土地有効活用・ゼロエネルギー住宅・リフォームで地域No1、オンリーワンを目指しているハウスメーカー。環境大臣賞受賞の空調システムの施工を行っています。
  • 美都住販 全棟断熱等性能等級4相当、耐震等級3相当の家づくりに対応しているハウスメーカーです。構造体の強度にも定評があります。
  • レコハウス 30年後・50年後のエネルギー収支まで想定した、高性能なゼロエネ住宅をつくっているハウス―メーカーです。
  • 積水ハウス 印象的なCMでお馴染みの大手ハウスメーカー。グリーンファーストゼロというゼロエネ住宅をラインナップしています。
  • タマホーム ローコスト住宅を得意とする大手ハウスメーカー。「大安心の家 ZERO」というゼロエネ住宅をラインナップしています。
  • ひら木 トステムのスーパーウォール工法を標準仕様で備えているのが特徴的な、確かな実績と施工力を誇る工務店です。

これからのZEHとは

今後、日本はもとより世界中で取り組んでいくべき課題のひとつである省エネルギー問題。各国とも独自の省エネ対策を打ち出し、日本でもZEHをはじめとするさまざまな方針を打ち出していますが、その取り組みはまだ過渡期にあると言えます。

ZEHが抱える2つの問題

日本では2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」において、標準的な新築住宅については2020 年までに。さらに2030 年までには新築住宅の平均でZEHの実現を目指すという目標を掲げています。(出典: http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/pdf/140411.pdf

これにともない、経済産業省資源エネルギー庁では、平成24年度からZEH導入の費用を支援する「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(ZEH支援事業)」を実施するなどZEHの普及促進に努めていますが、その取り組みが功を奏しているとは言いがたいのが現状です。

ZEHの普及が進まない理由は大きく分けて2つあり、1つはZEHの定義が明確にされていないこと。そしてもう1つはZEHの認知度が全体的に低いことが挙げられます。
ZEHは国を挙げて支援している事業であるため、ハウスメーカー各社も独自の支援を取り入れています。しかし当初は具体的に「何をどうしたらZEHとして認定されるのか」などはっきりした基準がなかったため、メーカーによって目指す方向性がバラバラで一貫性を欠いていました。

そのせいか消費者の間ではZEHという言葉すら知らないという人も多く、それがZEHの普及を妨げている二大要因と言えるでしょう。

必然的に上がっていく消費者の認知度

経済産業省資源エネルギー庁では消費者のZEH認知度向上に向けて、2017年12月にZEHの定義をとりまとめました。ZEHと認定されるための住宅の条件(強化外皮の基準や再生可能エネルギーの導入など)が提示されたことにより、各ハウスメーカーも消費者に対してZEHのアピールや広告を打ち出しやすくなり、実際、各メーカーの公式サイトやカタログ、住宅展示場などではZEHに関する説明や自社商品がZEHの条件を満たしているかどうかなどの情報を明記しているところが増えてきています。

必然的に消費者の方も展示場やネットなどでZEHの情報を見聞きする機会が増え、認知度の向上および正しい知識の普及が進んできています。

業界全体の技術向上の期待

以前はZEHとして認定される基準が明確になっていなかったため、ハウスメーカーとしてもどこを目指すべきか判断できない状態にありました。

ZEHが定義された今、何をどうすればZEHの基準をクリアできるのかがはっきりしたため、ハウスメーカー業界全体が同じ方向を目指し、研究や技術開発に取り組んでいます。

その結果、ZEHのための新技術も進み、ZEH市場が活発になっていくことが予測されます。ZEHの基盤は高断熱外皮や太陽光発電などを代表とする省エネ設備の導入にあることから、今後の住宅は光熱費の削減や快適性・健康性の向上、防災・減災性能の進化などを期待できるようになるでしょう。

どのハウスメーカーを選んでも品質を保つ

大手ハウスメーカーは独自の研究開発や研修制度の導入によってある程度自力で技術者の育成を行うことができますが、中小工務店など小規模な企業では知識・技術力を養うことが難しく、対応が遅れてしまう可能性があります。
そこで国はZEH普及対策の一環として、中小工務店等のノウハウを確立するための取り組み支援を実施する方針を固めました。

ZEHを建築するための確かな知識と経験を有する技術者が育つことにより、将来的にはどのハウスメーカーを選んでも一定の品質を保ったZEHを建設することが可能となります。

需要が安定することによって標準化するZEH

ZEHは省エネ設備や高断熱外皮などを導入する関係上、一般的な住宅に比べると作る・買うためのコストが割高になっています。そのため、現在のZEHはオプションとして扱われることが多く、普及の妨げになっています。
ただ、ZEHが正式に定義されたことにともない、現在はハウスメーカー全体がZEHをアピールし、需要も高まりつつあります。

需要が安定すれば業界としても大量生産化によるコストの削減が可能となり、消費者にとって手の届きやすい価格帯で供給できるようになります。そうすればZEHは割高なオプションではなく、新築住宅に標準でついてくる当たり前のものになっていくでしょう。

平成24年から国が支援を開始

国ではZEHの普及を促進するため、平成24年よりZEHを新築する人、または既存の住宅をZEHに改修する人に対し、一定額を補助するという支援を開始しました。
支援が開始された初年度は交付決定件数はわずか443件にとどまっていましたが、平成25年度には1,056件の大台を突破し、平成26年度補正では6,147件と数が大幅に増加しています。
これはZEHの認知度が高まってきていることの証拠で、一定の効果が見込まれることから、国では今後もZEH支援事業を継続し、普及をバックアップしていく方針を固めています。

実際、平成26年度では補助対象となるのは断熱材や空調、給湯、換気、証明設備といった各種設備や機械装置、建築材料等に限定されていたのですが、平成28年度からは高性能建材や高性能設備機器、蓄電池の組み合わせによる導入なども補助対象に加えられるなど、支援の拡充が行われました。

今後ZEHの認知度が高まるにつれ、支援内容も充実していくことが期待されています。

【参考文献】
経済産業省. ZEH普及に向けて〜これからの施策展開〜 ZEHロードマップ検討委員会におけるZEHの定義・今後の施策など
経済産業省.ZEHの普及に向けて① ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス
経済産業省. ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ