パナホームが建てるZEHとは

パナホーム

パナホーム

画像引用元:パナホーム
公式サイト:http://www.panahome.jp/sumai/zeroeco/

パナホームは、ご存知の通りパナソニックグループのハウスメーカーです。パナソニックが家電の事業を展開している一方、パナホームは住宅メーカーの中心ともいえる位置を確立しています。住まいの快適さや品質だけでなく、家電なども含めた暮らしの専門家として頼れる住宅会社です。
太陽光発電やHEMS、蓄電池など、スマートハウスの提案もいち早く行ってきたパナホーム。2015年からは、ZEH使用の「ゼロエコ」を戸建て住宅全商品に展開しています。

パナホームのZEHこだわり

高い断熱性能と地熱の効果で省エネに貢献
パナホームがつくる家は、天井や外壁だけでなく、基礎の内側にも高性能の断熱材を使った「家まるごと断熱」を採用しています。床下と居住空間を遮断してしまうのではなく、基礎の内側を断熱することで地熱を直接取り入れることが可能。それによって、季節問わず、温度変化が少ない“地熱”を有効活用することができます。

さらに床下の空気をオリジナルの換気システムで取り込むことで、一般的な換気システムと比較しても、冷暖房の負荷の軽減が可能です。
エネルギー情報の見える化で節電意識アップ
パナホームが提供する「スマートHEMS」は、発電量・使用電力量の見える化や、電気のムダをお知らせする省エネ支援サービスが充実しています。スマートフォンを活用するため、外出先からでも簡単に確認ができ、節電への意識も高まります。

また、このスマートHEMSが、電子の使用量や使用時間を測って、対応機器を自動で省エネモードに切り替え。エネルギーを有効活用して節電することができます。また、エアコンの消し忘れや子供の帰宅情報などをスマートフォンに配信してくれるサービスも。外にいながら、住まいの様子がわかります。
パナホームのZEH普及目標は?
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
26% 42% 68% 70% 80%

出典:(PDF)パナホーム株式会社『ZEH普及率目標 』[PDF]

パナホームのZEH普及目標はかなり高い数値で設定されており、2020年までに50%の目標とされているところ、最初の2年間で50%近くを達成する予定。また、2020年には、なんと80%という目標を立てており、ZEH導入住宅に対する意気込みが見えてきます。

口コミ

パナホームでZEH導入の住宅を建てました。建てた物件のエネルギー消費削減率は少々少なめだったのですが、申請した時のボーダーラインには届いていたようで、無事に交付を受けることができて一安心。ZEH以外にも、自分のこだわりを詰め込んだ家を建てることを目標にしていたので、ひとつずつ実現していって嬉しいです。

我が家は平成28年の一期に採択されたZEH住宅です。削減率が約32%だったので、補助金を自分で計算してみたところ、蓄電池の分を入れても150万円かと思っていたのですが、実際の補助金は153万円でした。通知が来るまでは正直心配でしたが、無事に想像以上の補助金を受け取ることができそうでほっとしました。

家を建てているときは、太陽光発電で利益が出ればいいな、と思っていたのですが、予想以上の売電量に驚いています。確定申告で、課税対象になってしまいそうなほどの金額で、非課税の中で収まってくれれば…と思うほど。ですが、正直、初期の導入費用がかなり高かったので、たくさん発電してくれるのはありがたいことです。

2年前にZEHの住宅を立てました。確かに補助金もありがたかったですが、やはりZEHのメリットは光熱費がかからないことだと思います。光熱費がかからないので、住宅ローンの負担もかなり軽くなりました。太陽光発電と蓄電池をつけてもらったのですが、災害などで停電した場合でも電気を使うことができるのでかなり便利です。

電力状況、生活スタイルにあわせた2つのモード
毎日使う電気を安定して作り出すことができる「太陽光+蓄電システム」。少ない設置面積でもしっかり発電量を確保できます。太陽光発電システムから直接蓄電池に充電するため、一般的な蓄電システムとしても変換ロスが少なく、発電した電気を有効的に使用することができます。

電気の自給自足を目指す「環境優先モード」や、太陽光発電と夜間電力を使い分けて節約する「経済優先モード」、2つのモードを電力の状況や生活スタイルに応じて切り替えることができます。

パナホームが定めるZEH普及目標(受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEH含む)が占める割合)は以下の通りです。2016年度26%、2017年度17%、2018年度22%、2019年度35%、2020年度50%。2016年度の実績は17%です。2016年度の目標は下回っていますが、2017年度の目標に当てはめると達成していることになります。母数との兼ね合いも考えると、十分な実績があると考えてよいでしょう。これからZEHを建てたい方にとって、有力な候補になるハウスメーカーといえそうです。

パナホームの口コミ評判

  • 発電量のチェックが楽しい
    太陽光発電だけだと昼間は発電できますが、日が暮れてからは電気を買うことになります。しかし蓄電池は深夜に電気を蓄えて使うことができるのが魅力的です。電気代を気にせずに使用しても、光熱費は前の家の半分くらいになりました。最初は悩みましたが、家計もすごく助かっています。
  • スマートHEMSを採用して大正解
    見える化することで光熱費を抑えることができると聞き、スマートHEMSを採用しました。太陽光発電で昼間に使う電気をまかなっており、以前の家よりも電気の使用量は増えているのに、電気代は明らかに安くなりました。節電が楽しく夫婦の会話も増えました。
  • モデルハウスを見て決めました
    太陽光発電のイメージがあまり湧いていなかったですが、建売のモデルハウスを見て決めました。予算的にもクリアしていたし、本当にこんなかっこいい家が建てられるのかと、何度も営業さんに確認してしまいました。本当に良いものなのかどうか不安もありましたが、有効に活用できているので満足です。
  • とても便利です
    スマートHEMSでコントローラとして使用するプライベート・ビエラは、発電量のチェックはもちろん、ドアホンの応答やシャッターの開閉も手軽にできるので便利です。また、食卓からはテレビが見えない位置にあるので、ダイニングテーブルの上に置いてテレビを楽しむことも。くらしの楽しみ方が増えたなと感じています。

会社情報

お問い合わせ 06-6834-5111
住所 〒560-0083
大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
アクセス 北大阪急行電鉄南北線 千里中央駅から徒歩6分
ZEHに強い 2社を徹底解明ZEHに強い 2社を徹底解明