公開日: |最終更新日時:

大進ホーム

大進ホーム

画像引用元:大進ホーム
公式サイト:https://www.taishinhome.com/

「自分らしさを叶える家」をコンセプトに、「安心して暮らせる、家族みんなが住みやすい家」をつくることを目指す大進ホーム。
同社は平成28年度、住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者でもあります。
ここでは、札幌でゼロ・エネルギー住宅に対応する同社のこだわりなどを紹介します。

大進ホームのZEHこだわり

内外ダブル断熱で高気密・高断熱を実現
気密性に優れた強固な構造と、建物全体を断熱材で包み込むオリジナルの工法を採用し、内外ダブル断熱を実現させた大進ホーム。ダブル断熱を標準採用とする大進ホームの家づくりでは、改正省エネ基準を大きく上回る高品質の住居が完成。北海道の冬の冷気を遮断して、夏の暑さにも影響されない、高気密、高断熱の家が実現しています。
建物の引き渡し前には、全棟気密性能の検査を実施し、高性能住宅であることを証明する数値を確認。北海道の四季にも動じない住み心地の良い暮らしを提案しています。
燃費性能重視の家づくり
大進ホームでは、新築住宅の「全棟燃費レポート(暮らしの燃費プログラム)」を作成しています。燃費レポートとは、中立的な立場の第三者機関によって計算された、住宅性能を光熱費換算した独自のレポート。住宅性能を一般的にわかりやすく理解するために「性能=燃費」として計算されています。
「住宅性能の高い家=燃費の良い家」とするため、大進ホームでは、天井、外壁、床下、窓など、各所に適した断熱材を使用。高い断熱性能を確保することにより、四季を通じ、暮らしを快適に保ち、燃費性能の向上も可能としています。
地震や積雪に強い構造体
「安心」「安全」「快適」な家づくりを一貫して目指してきた大進ホームでは、北海道の厳しい冬にも安心して過ごすことのできる強い構造体の家を実現。
通常の2倍の柱や梁を使用し、安定した状態で建物を支えられるように設計された建物は、軸組工法と2×4工法とを掛け合わせた軸組合体工法で建造され、軸と面で支える強固な住まいになっています。
生涯にわたる安心サポート

建物引き渡し後、2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月のタイミングで定期点検を実施。調査結果をその場で報告し、簡単な不具合であれば、すぐに対処しています。また、施主との繋がりを深めようと、大進ホームが2004年に発足させた「友の会」に加入すると、年に1〜2回「ご様子伺い」にスタッフが足を運んでいます。
その他アフターサービスについては、専属の社員を配置。要望に応じて即時対応できる体制を整えて待機するなど、大進ホームでは、生涯にわたり、さまざまな取り組みを通じて、安心な暮らしをサポートしています。

大進ホーム のZEH住宅最新情報

「NEHビルダー公募」の登録事業者となった大進ホームは、ZEHの普及目標の公表が義務付けられています。それに基づき、同社は2025年度までの普及目標を50%までに上げることを公表しています。

大進ホーム の商品ラインナップ

ラクいえ

整理収納アドバイザーと創る家「ラクいえ」モデル。整理収納のプロフェッショナルが家族の快適な暮らしをとことん考えます。季節の衣替えが簡単にできるように考えられた玄関スペース、収納上手が実現するクローゼットなど、暮らしているだけで、自然と片付けができてしまう画期的な工夫が満載です。

進化の家

機能性と安全性、さらに快適さをその名の通り進化させた「進化の家」。機能的設計により使い勝手の良いキッチン、書斎スペースも兼ねた主寝室、ペットとの暮らしの快適さを追求した充実設備など、エコロジーで心地よい暮らしの実現を目指します。

サイエンスホーム

「伝統工法」×「最新技術」で建てるサイエンスホームは、懐かしさと新しさが同居するリラックス空間。高気密・高断熱で夏は涼しく冬暖かく、快適でありながら、古民家にいるような居心地の良さを覚える造りになっています。

大進ホーム の口コミ評判

  • 厳しい冬も快適に過ごしています
    マイホームを建てて10年。北海道の家づくりで重視したのは、なんと言っても断熱性能と雪の重さに負けない耐久性でした。何度も冬を越す中で、大進ホームの通常の2倍の梁や柱を使用した構造の強さ、家を断熱材ですっぽりと包み込む断熱性の高さを実感しています。北海道の冬の厳しさも、我が家においては快適に過ごすことができています。
    参照元:幸せおうち計画(https://ouchi-shiawase.jp/taishinhome/#i)
  • 震度4の地震で建物の頑丈さを実感
    建築関係に勤めている夫が、各社を厳しい目で比較検討した上で、大進ホームさんに決めました。決め手となったのは、柱の数。他社の倍以上使用しているため、耐震性が高く、長期間、新築の状態を維持できるだろうと踏んだのですが、まさに震度4の大型地震が来たときに、建物の頑丈さを実感することができました。
    参照元:幸せおうち計画(https://ouchi-shiawase.jp/taishinhome/#i)
  • 高気密、高断熱で光熱費も抑えられています
    北海道で初めての冬を越した時は、あまりの寒さに驚きました。それなので、マイホームを建てるときに注力したのは断熱性と気密性。結果、冬の寒い日も家の中は快適で、暖房効果も高く感じられます。当然、光熱費も抑えることができますよね。アフターメンテナンスにもすぐに対応してくれて、地元ハウスメーカーの安心感を実感しています。
    参照元:幸せおうち計画(https://ouchi-shiawase.jp/taishinhome/#i)
  • 昔ながらの木の家デザインでリラックス
    サイエンスホームをモデルハウスで見学して一目惚れ。伝統を感じる木の家は、梁や柱が見える工法で温かみがあり、その上、高性能。夏は木材のひんやりとした感触が心地よく、畳の部屋でする昼寝も快適で、冬はどんなに外が寒くても部屋の中はポカポカと暖かく、薄着でのんびり過ごしています。昔と今のいいところをとったデザインや性能は、まさに私たちの理想の家。大進ホームさんにお願いして本当によかったです。
    参照元:幸せおうち計画(https://ouchi-shiawase.jp/taishinhome/#i)

会社情報

7,000棟以上の施工実績

大進ホームは、「体感するモデルハウス」として、札幌市内3カ所でモデルハウスを展開しています。3軒のモデルハウスは、それぞれ大進ホームの特徴的な強みが色濃く出ているため、大進ホームの家づくりがよくわかるようになっています。
7,000棟以上の施工実績を誇る大進ホームの家づくり、まずはモデルハウスで体感してみることで、イメージを広げてみてはいかがでしょう。

設立日 1971年5月
住所 〒007-0803
北海道札幌市東区東苗穂3条1丁目2番1号
お問い合わせ 011-783-1122
モデルハウス 新道モデルハウス:札幌市東区伏古11条2丁目
豊平モデルハウス:札幌市豊平区豊平1条10丁目 北海道マイホームセンター札幌会場
サイエンスホーム札幌東展示場:札幌市東区伏古11条2丁目7-22(札幌新道沿い)
ZEHに強い会社を徹底解明ZEHに強い会社を徹底解明