京都市のZEH・ゼロエネ・省エネ住宅事情

公開日: |最終更新日時:

京都市のZEH・ゼロエネ・省エネ住宅メーカー・地域事情

京都市といえば、寒暖の差が大きいことで知られています。特に夏は盆地地形のため蒸し暑い日を過ごすことになります。そんな中で快適に過ごすためには、家の中を快適にすることが大切。断熱性能に優れ、冷暖房コストを抑えながら空調できる、ZEH対応住宅を建てたい方も多いのではないでしょうか。そこで、ここではZEHに対応する住宅会社と、利用できるZEHの補助金をご紹介します。

京都市の省エネ基準における地域区分 6地域
断熱性の評価基準 HEAT20をクリアするのに必要なUA値 0.56

中藏の家

施工事例

中藏の家の施工事例
画像引用元:中藏の家HP(https://sumai.th-nakakura.co.jp/works/works18/)

ZEH・ゼロエネ・省エネ住宅の特徴

足元からの暖房・夜風の涼しさで快適に過ごせる家

中藏の家の特徴のひとつは、長く住み継いでいける家づくり。京都の街並みに溶け込むことができ、流行に左右されないデザイン。それでいて、室内の快適さにもこだわっているところも見逃せません。寒さ暑さの影響を最低限に抑え、冬は足元から部屋を暖め、夏には夜風を取り入れることで快適さを追求しています。家庭用エアコン1台で家を暖めることのできる断熱性能で家が建てられるのも嬉しいところ。

口コミ

中藏の家の口コミは見つけることができませんでした。

中藏の家の基本情報

所在地 京都府京都市中京区西ノ京池ノ内町24-12
営業時間 8:00~19:00
電話番号 075-841-0182

公式サイトへ

ロイヤル住建

施工事例

ロイヤル住建の施工事例
画像引用元:ロイヤル住建HP(https://royal-juken.jp/gallery/662/)

ZEH・ゼロエネ・省エネ住宅の特徴

空キレイズムで快適・エコな室内環境

ロイヤル住建の家は、「空キレイズム」という換気システムを導入しています。高い気密性をもって寒い・暑い外気の室内への侵入を防ぐだけでなく、きれいな外気を地中熱で温めて室内を暖めるというエコなシステムとなっています。夏には汚れた空気を排出する際にエアコンの室外機に冷風を当て、冷房効率を高めることができます。これに太陽光発電を導入すれば、ゼロエネ住宅とすることができるのです。

口コミ

  • 天井が高く、夏は涼しく冬はあたたかい!
    ロイヤル住建さんから説明を聞くと天井が高いので夏は涼しく、一定の温度と湿度を保つ技術のおかげで冬でも暖かいとのことでした。元々「暑い、寒い」が悩みだった私たちは、斜めの土地に新築が建つ上に、「涼しい・暖かい」ということはとてもとても魅力的だったんです。

ロイヤル住建の基本情報

所在地 京都府京都市山科区勧修寺東栗栖野町17-10
営業時間 記載なし
電話番号 0120-70-3272

公式サイトへ

三原工務店

施工事例

三原工務店の施工事例
画像引用元:三原工務店HP(https://k-mihara.com/2021/10/04/71/)

ZEH・ゼロエネ・省エネ住宅の特徴

自然素材にこだわった家づくり

三原工務店の注文住宅は、厳選された自然素材でつくられます。木、土、紙、草から構成される自然素材は、室内の湿度を調節してくれる作用があります。これによってカビやダニを抑制し、家族の健康を守ることができるのです。

太陽光や熱、風といった自然のエネルギーを利用して室温を一定に保ち快適な空間をつくるパッシブデザインも採用。できるだけ省エネしながら過ごしやすい住まいを実現してくれる住宅会社です。

口コミ

  • 見事な職人技に感動しました!
    2階の上がったところの手摺のカーブ、曲がった木を探して、曲率がうまく合うように工夫した下さった逸品。玄関の格天井の造作は見事としか言いようがありません。居間の 吹抜け を見上げたロケーションも大好きです。柱に筋交いがピタリとあう職人技も実は感動でした。

三原工務店の基本情報

所在地 京都市伏見区深草新門丈町164-1
営業時間 9:00~18:00
電話番号 0120-642-168

公式サイトへ

ZEHを建てる前に知っておきたい京都市の住環境

交通機関が充実!コンパクトで移動しやすい街

京都市内というと、近隣に住んでいない方は観光地のイメージが強いのではないでしょうか。もちろん観光エリアだけでなく、住宅エリアも広がっています。市内は市営地下鉄とバスが走っており、また京都市内はコンパクトにできているので、移動はスムーズ。場合によっては自転車移動も便利です。渋滞に巻き込まれず、小回りが利きます。逆に車は駐車場を見つけるのが難しいエリアもあることに注意が必要です。

昼と夜の雰囲気の違いに注意!

京都市内は神社仏閣が多いことはよく知られていると思います。こういった文化財が多いのが魅力的ではありますが、一方でそのために夜は街灯が少ないという点を頭に入れておくとよいでしょう。商業ビルが立ち並ぶエリアは広くはなく、暗いところもあります。昼間は人通りが多くても、夜は閑散としているケースも。安全面のこともありますので、昼と夜の両方の雰囲気を確かめて土地を決めるべきです。

京都市でZEHを建てるときに受けられる補助金

国からの補助金

ZEH(ゼロエネルギー住宅)の補助金(2021年)
目的・概要 平成30年に閣議決定されたエネルギー基本計画において、「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とされており、国土交通省は経済産業省・環境省と連携してZEHの普及を目指しています。その一環として設置されているのがこの補助金です。
補助金額 ZEH・Nearly ZEH・ZEH Oriented:補助額60万円(※蓄電で最大20万円追加) ZEH+・Nearly ZEH+:補助額105万
補助対象者 ZEHを新築する人 新築ZEHを購入する人 ZEHの仕様に改修する人
対象住宅 ZEH・Nearly ZEH・ZEH Oriented・ZEH+・Nearly ZEH+の基準をクリアした住宅
手続き申請先 一般社団法人 環境共創イニシアチブ
申請方法 ZEHの補助金は、基本的に施主が申請をしません。ZEH認定であるビルダーの認証を受けた建築業者が公募期間内に申請します。

府からの補助金

京都府で提供しているZEHの補助金は見つけることができませんでした。

市からの補助金

京都市が提供するZEHの補助金は見つけることができませんでした。

京都市で補助金を受けるためのポイント

京都市内の新築住宅で利用できるZEH補助金は、国からの補助金のみとなっています。令和2年をもって「京都市住まいの創エネ・省エネ応援事業」は廃止され、令和3年以降は太陽光発電設備等に対する補助事業のみ実施されています。ZEHへの補助金ではありませんが、太陽光発電への補助はしっかりと申請して、ZEHの導入コストに組み入れるとよいでしょう。

ピックアップ関連記事