どうなる?ZEH震災シミュレーション

ゼロエネ住宅とは?
どうなる?
ZEH震災シミュレーション

万が一震災が起きた場合、普通の住宅と比べてZEHにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
じっさいにどういった状況となるかは、その時になってみないとわかりません。しかし送電等のインフラが打撃を受けた際、エネルギー的に独立しているZEHであれば、少なくとも電力の確保は見込めます。
また、水についても、完備している設備によっては、ある程度の量を確保できているはずです。
確実にこうなる、というものではありませんが、ここでは災害時にZEHに期待できる事項をかんたんにシミュレーションしてみたいと思います。

一般住宅にはない災害時のZEHの魅力

  1. 自立した発電設備により家電等を動かすことができる

    ZEHには、省エネと創エネ、両方の機能が求められます。省エネは断熱性や気密性で実現するため、平時は快適に過ごせますし、災害の時にも過酷な外部環境に晒されなくて済みますが、基本的には過ごしやすい、電気代を節約できるといったメリットしかありません。

    一方の創エネは、文字通り住宅自身が太陽光発電等によって電力を作り出すというものです。もし災害などで断線してしまっても、発電設備を自立運転モードにすれば、住宅で使用する電力を確保することができます。天候に左右される部分はありますが、晴天であれば最低限の生活を送れるだけの電力は期待できます。

    もちろん、それだけで生活を賄えるわけではありません。しかし設備さえ動けば、災害直後の過酷な負担をある程度軽減できるはずです。

  2. エコキュートで水の確保ができる

    ZEHには、省エネのための設備としてエコキュートという電気給湯器が設置されることが少なくありません。エコキュートは、夜間にタンクへ貯湯し、沸き上げを行って随時給湯するという仕組みを持っています。

    ガス給湯器と違い、タンク内にお湯を蓄えているため、災害などで万が一断水してしまった場合でもそこから水をくみ上げて使うことができます。

    災害時の水は貴重です。水分補給のためというのはもちろん、生活のさまざまな場面で水が活用されています。たとえばトイレひとつとっても、水がなければ満足に使うことができません。

    エコキュート内の水にも限りはありますが、それでも数日の猶予は確保できます。ある程度時間があれば、状況を整理して、どう行動すべきか方針を固めることができるはずです。

  3. 断熱性能が高く過ごしやすい

    災害時は、とにかく身体を健康な状態に長く保つことが大切です。人の身体は温度変化によって免疫力が大きく左右されますから、たかが暑さ・寒さと軽く見ずに、しっかり対策をとっておくことが大切です。そういった意味では、ZEHが持つ断熱性・高気密性は災害時にも有用と言えます。

    断熱性・気密性が高く過ごしやすい、というのは、ZEHと一般住宅との大きな違いです。とくに寒冷地の冬場などは、屋内であっても凍えてしまうほどの寒さとなることが少なくありません。ZEHは高い外皮性能により、家全体の温度・湿度をなるべく一定に保ってくれます。もちろん外気の影響も受けますが、一般住宅と比べれば、その違いは歴然です。

    家にいても危険がない、ということが前提ですが、ZEHは仮の避難所として十分な機能を備えていると言えるでしょう。

まとめ
災害時に電力・水分を確保できるのがZEHと一般住宅との違い

電力を確保できる太陽光発電設備や、水を確保できるエコキュートは、災害時の備えとして非常に心強いものです。ZEHだからといってこれらの設備が必ず設置されているというものではありませんが、標準的な設備であることは間違いありません。

また、断熱性能が高く、過ごしやすい、というのも、災害をしのぐためには欠かせない要素です。たんに省エネや節約ができるだけでなく、防災機能も優れているというのも、ZEHの特徴の1つと言えます。

ZEHを建てるなら3つのポイント