これから家を建てるなら、お得なゼロエネ住宅

HOME » ゼロエネルギー住宅とは

ゼロエネルギー住宅とは

CO2増加による地球温暖化への対策として、「省エネ」の必要性は1990年代から盛んに論議されてきました。

しかし日本の住宅は、環境先進国ヨーロッパの基準と比較すると、省エネ性能の面でかなりの遅れをとっています。日本トップクラスのメーカーの省エネ住宅でさえ、ヨーロッパ諸国の住宅の断熱性能の3分の1程度だと言われています。

ゼロエネルギー住宅の必要性

地球環境への配慮、そして2011年3月の東日本大震災によって原子力発電に対する不安と、電力不足が引き起こす深刻な事態を目の当たりにしたことが、日本の住宅事情に変化をもたらす一因となりました。

政府が推進する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」の補助金を申請する条件に、機械力だけに依存しないで自然エネルギーを取り入れた先進性のある設計手法・制御機構が特徴的に掲げられているのも、原子力など高エネルギーに依存し過ぎた社会に対する反省が含まれているように思えます。

ここでは経済産業省が定義する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の条件と助成金の概要、実際にゼロエネルギー住宅を建築した場合のイニシャルコスト(初期費用)とランニングコストについて解説してみました。

 
ゼロエネ住宅を建てよう