ZEHにおける断熱材選びの重要性

ZEHを断熱から考える

ハイスペック断熱材
選び

ZEHは省エネと創エネによりエネルギー消費量を実質ゼロ以下に抑えた住宅のことを言います。省エネと創エネ、どちらが欠けてもZEHとは認められません。創エネは太陽光発電設備などを設置することで実現できますが、省エネは住宅各部の施工によって追求していく必要があります。
そして、その省エネにもっとも貢献するのが断熱材です。断熱材選びは、ZEHの最終的な仕上がりを左右するといっても過言ではない、重要な作業なのです。ここでは、そんな断熱材にかんする基本的な知識を解説します。

断熱材の種類

断熱材には、大きく3つの種類があります。

繊維系

繊維系は、さらに無機系(グラスウールやロックウール等)と木質繊維系(セルロースファイバー等)に分けられます。

無機系はもっとも安価で一般的な素材ですが、丁寧に施工しないと壁に結露ができやすいといったデメリットがあります。

一方の木質繊維系は、無機系よりも高価な反面、環境にやさしく、断熱性能にも優れると言った特性があります。

天然素材系

羊毛や炭化コルクといった、自然素材を原料とする断熱材のことを言います。人の身体に優しい反面、断熱性能を考えると少し高価であるというデメリットが。湿度を調節してくれる機能や遮音性に優れるといった特性もありますが、コストパフォーマンスという意味では慎重に検討したい断熱材であると言えます。

発泡プラスチック系

さまざまなプラスチックを原料とする発泡素材です。代表的なのは、ポリスチレンフォームやフェノールフォームといったもの。柔軟性や耐水性、耐燃焼性に優れており、年月が経っても劣化しづらいといった特性があります。

安くないのがデメリットですが、機能的に優れた素材が多く、コストパフォーマンスは良好と言えるでしょう。

断熱材の選び方

ZEHを建てるときに気を付けたいポイント

断熱材にはいくつかの種類があり、それぞれ機能や価格が異なります。しかし気をつけたいのが、価格や特性だけを見て使う素材を判断してしまうこと。

希望する住宅のデザインや、それを実現するための施工方法によっても、最適な断熱材というのは変わってきます。また、住宅を建てるエリアの気候や周辺環境なども考えておく必要があります。たとえば東京や神奈川など、住宅が密集している土地が多い地域の場合は、断熱材に防火性能が求められたりします。もしそうしたエリアでZEHを建てる場合は、高断熱と防火性能を両立しなければならず、そのぶんコストも掛かります。

断熱材の特徴だけでなく、予算や住宅にかんするさまざまな条件を踏まえた上で、最適の断熱材を検討していくことが大切です。

まとめ
断熱材は業者としっかり打ち合わせして選ぶ

通常の状態から消費エネルギーを20%以上削減する、というのがZEHと認定される条件の1つとされています。断熱材は省エネを実現するために欠かせないものですから、どういった素材を選ぶかで、認定の成否が変わってくることも十分考えられます。

そのため、ZEHを建てる場合は、予算や希望等を業者とすり合わせておくことが大切です。またその際は、このページでまとめているような素材の特性を把握しておくと話がスムーズに進むはず。しっかり情報収集をし、後悔のない選択をされるようにしてください。