ZEHの基本知識~断熱~

ZEHに欠かせない!ZEHを断熱から考える

ZEHの断熱とは?

ZEH(ゼロエネ住宅)と認定されるためには、高断熱による省エネと、太陽光発電による創エネの2つをクリアする必要があります。両方とも大切なのですが、家づくりにおいてとくに注意しておきたいのが高断熱による省エネ。というのも、省エネ実現のために窓の大きさや空間デザインなどを制限されることが少なくないからです。

ここでは、ZEH(ゼロエネ住宅)を建てる際に知っておきたい、断熱にかんする基本的な知識を解説したいと思います。これからZEH(ゼロエネ住宅)を建てようと考えている人は、ぜひ参考に目を通してみてください。

  • Q値、C値、
    Ua値を
    深く知ろう

    断熱性能の基準となる数値

    ゼロエネ住宅の断熱性能を比較判断するためには数値化する必要があるため、Q値、C値、Ua値が用いられています。それぞれについて簡単に説明してみましょう。

    【Q値】

    「熱損失係数」のことで、数値が少ないほど断熱性能が高いことを表します。屋内と屋外の温度差が1℃のときに床や壁、天井、窓、換気などによって屋外に逃げてしまう「熱損失量」の合計を延べ床面積で割って求めます。

    Q値(熱損失係数)の計算には建物に使用されている部材の「熱伝導率」と、外気に接している部分の「熱貫流率(K値)」、延べ床面積などのデータが必要です。

    【C値】

    「隙間相当面積」のことで、建物の気密性を表す数値です。数値が少ないほど気密性が高く、冷暖房の効果が大きくなります。

    【Ua値】

    「外皮平均熱貫流率」のことで、数値が小さいほど断熱性能が高いことを表します。Q値と似ていますが、熱損失量を延べ床面積ではなく延べ外皮面積で割って求めるという点が違います。
    平成25年に省エネ基準が見直され、住宅の外皮の熱性能を表す値のひとつとして設けられています。

  • ハイスペック
    断熱材選び

    種類を知って賢く選ぶ

    断熱材には、大きく分けて「繊維系」「天然素材系」「発泡プラスチック系」という3つの種類があります。一般住宅で多く使われるのは繊維系のグラスウールなどですが、高断熱が求められるZEH(ゼロエネ住宅)では、それよりも高性能で高価な断熱材をケースバイケースで使っていくこととなります。

    ZEH(ゼロエネ住宅)で使われる断熱材は、施主が希望するデザインや住宅性能のほか、その家が建つエリアがどういう区分なのかによっても違ってきます。たとえば都心のように住宅が密集している土地は、準防火地域に指定されていることが少なくありません。こういった地域にZEH(ゼロエネ住宅)を建てる場合、使用する断熱材にも防火性能が求められるため、普通より少しコストが掛かります。

  • 断熱
    vs 大きい窓

    不可能ではないが両立は難しい

    せっかく住宅を建てるのですから、窓を大きく取り、開放的で明るい空間を演出したいという要望を持つのは人情でしょう。実際、注文住宅を建てる人の多くはそうした要望を持って相談に臨んでいるようです。

    しかしZEH(ゼロエネ住宅)のように高断熱を追求しなければならない住宅の場合、窓やドアといった開口部を大きくするのはハードルが高いとされています。とくに窓が大きいと、そこから熱の行き来が発生して室温を一定に保ちづらくなります。断熱を実現するためには、窓の大きさを制限せざるをえないわけです。

    とはいえ、絶対に不可能かというとそういうわけでもありません。ローコスト住宅を中心に手掛けるハウスメーカーでは難しいですが、窓から逃げる熱を住宅全体でカバーするような施工ノウハウを持った住宅会社であれば、ある程度大きな窓でも形にしてもらうことができます。