これから家を建てるなら、お得なゼロエネ住宅

HOME » 【特集】 自然素材でつくるゼロエネ住宅の魅力

【特集】 自然素材でつくるゼロエネ住宅の魅力

みなさんは、どんなゼロエネ住宅を建てたいですか?
ここでは、通気性・調湿性に優れた家として注目されている、「自然素材の家」でつくるゼロエネ住宅について、紹介します。

高気密・高断熱の弊害

日本では省エネ化促進のために、高気密・高断熱住宅の建設が進められてきました。これは従来の日本家屋は密閉度が低く、エアコンなどの冷暖房効果が悪いために多くのエネルギーを消費するという考えから始まったことです。

たしかに住宅の気密化・断熱化を促進すれば冷暖房効率が高まり、少ないエネルギー消費で快適な環境が実現できると思いがちです。

しかし、住居を外界から切り離した密閉空間のように作ってしまう建築によって、思わぬ弊害が増えてしまったのです。

シックハウス症候群

「シックハウス症候群」は密閉度の高い現代の住宅が抱える、深刻な健康障害です。

住居の高気密化によって建材や塗料などの揮発成分が屋内に蓄積され、それが住人の健康を害すると考えられています。住宅が現代のように高気密化・高断熱化される以前には起こらなかった症状のため、現代病という側面も有ると考えて良いでしょう。

結露やカビ、ダニの大量発生など、断熱による高湿度化がもたらした弊害も数多く報告されています。

 

自然と共生する家の必要性

住宅の密閉や断熱によって起こる障害を防ぐため、自然素材を使った通気性・調湿性に優れた家が見直され始めています。本来は自然の一員として自然と共生していたはずの人間を、密閉空間に閉じこめることによって人為的に発生させてしまった障害です。

本来の姿に立ち返って自然とうまく共生していこうという動きが生まれるのも、当然のことと言えるでしょう。自然の素材には人工的な素材にはない効果が有ることもわかっています。

その一例を紹介してみましょう。

漆喰(しっくい)】

昔ながらの日本の塗り壁材で、主成分は消石灰です。空気中の炭酸ガスを取り込んで固くなり、日本の気候風土に合った調湿性、耐火性、耐久性に優れています。また意匠的にも魅力がある素材です。

【珪藻土(けいそうど)

植物性プランクトンが堆積した泥土が原料です。珪藻土の粒子には非常に細かい穴が無数に空いているため、調湿や脱臭に高い効果を発揮します。

【ルナファーザー】

ドイツ製の天然素材で作られた「呼吸する壁紙」です。化学物質を一切使っていないのでシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの発生がなく、再生紙や間伐材が原料なので資源の有効活用にも貢献しています。

【土佐和紙】

パルプやコウゾなど自然の植物繊維を原料として作られる和紙は、有害成分を含まず廃棄する際にも環境に害を及ぼしません。

自然素材のため湿度が高いと空気中の水分を吸収して、湿度が低くなると水分を放出するため極めて自然な調湿効果を発揮します。

自然素材を使ってゼロエネ住宅を可能にした工務店の例≫

 
ゼロエネ住宅を建てよう