積水ハウスが建てるZEHとは

積水ハウス

積水ハウス

画像引用元:積水ハウス
公式サイト:http://www.sekisuihouse.com/products/greenfirst/zero/

積水ハウスのZEHは、健康への配慮や暮らしやすさなど、快適性を1番に考えています。日本ならではの四季を満喫し、光や風などの自然とともに生きる暮らしを「グリーンファーストゼロ」で実現。
使うエネルギーを可能な限り少なくする省エネ、エネルギーを自給自足する創エネに力を入れ、住む人だけでなく、家計にも環境にも優しい暮らしを目指しています。

積水ハウスのZEHこだわり

高い断熱性能
30年前の東京の家と比較すると、断熱材の厚さは床が約8倍、壁は約4倍、天井は約6倍となり、家中温度差の少ない快適な住まいとなっています。家全体の断熱性が向上することで、暑い夏の冷房・寒い冬の暖房の節約につながります。

また、熱が逃げやすい窓には、「アルゴンガス封入複層ガラス」「高断熱サッシ」を採用しています。アルゴンガスは空気より熱の伝わりが30%ほど低く、高い断熱性が期待できます。さらにサッシ枠は、外の気温を室内に影響させないだけでなく、結露も大幅に減少させます。
お得なグリーンファースト蓄電シリーズ
日中は太陽光発電と燃料電池の発電によって、家計の節約をサポートします。さらに、蓄電池を利用することで深夜電力を蓄電し、日中電力をたくさん使う時間に利用することができます。非常時には、HEMSを使って自動で回路を蓄電池に切り替え。停電中でも照明をつけることが可能です。蓄電池は容量別に、4.6kWh、9.3kWhの2タイプが用意されています。

電気自動車(日産リーフ)を電池として利用するグリーンファーストV2Hというプランも。車が使用されている時には使えませんが、安い深夜電力で充電し、日中に住宅に給電できれば、光熱費を削減することができます。
積水ハウスのZEH普及目標は?
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
北海道 10% 20% 30% 40% 50%
北海道以外 71% 73% 76% 78% 80%

出典:積水ハウス『積水ハウスのネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及目標・実績』

A登録(北海道)とB登録(北海道以外)で、それぞれZEHの目標数値を決めています。B登録では初年度から71%と高い数値ですが、実績は74%でクリア。A登録でもB登録でも、50%以上を達成するためには無理のない設定でしょう。

口コミ

我が家は平成28年度ギリギリになってしまったので、ZEH補助金の申請に間に合わせるために、設計を急ピッチで進めてもらいました。そのせいで、少々設計が荒いかなと思うところもあるのですが、その反面、補助金が支給されるおかげで、予算内で性能の高い建材を使うこともできました。やはり性能の高い家は快適に暮らせます。

積水ハウスと他のビルダーさんで検討していたのですが、積水ハウスはZEHに積極的なビルダーです。積水ハウスではエネルギー節約量の計算なども提案してくれますが、もう一件のビルダーさんは、こちらが言うまで試算もしてもらえませんでした。建築業界全体のZEH割合としても積水ハウスが高いようで、ZEHに慣れたビルダーさんです。

ZEHの住宅を建てて初めての電気代には驚きました。一般的なオール電化の住宅と比べると、電気代が半額以下で済んでいたのです。確かに家の中は冬でもとても暖かく、冬だということを忘れてしまうくらい。たまに、上着を着るのを忘れて出掛けることもありますから。室内がとても快適で、ZEHにして良かったと思います。

一体型太陽光発電を利用したZEHの住宅に住んでいます。補助金は家に住み始めてから3ヵ月くらいで受け取りました。私は担当の方がしてくれたので良かったですが、補助金の申請をするのはなかなか面倒なようです。その申請のための調査には、施主も付きあわなければいけません。ですが、これだけのお金が戻ってくるのですからありがたいものです。

「5本の樹」の取り組み
積水ハウスの家は、窓や通風建具などによって、家の中に風の通り道を作っています。適度な日差しを取り込みつつ、自然とともに生きる家を実現しています。

省エネ性・快適性を実現するために、「5本の樹」計画をスタートしています。地域の気候風土にあった日本の在来樹種を庭に植えるという取り組み。1軒につき5本の樹を植え、2001年~2015年までの15年間で、累計1199万本の植樹を達成しています。

積水ハウスのZEH普及目標と実績

積水ハウスが公表した、平成28年度から平成32年度までのB登録(北海道以外の都道府県区分)のZEH普及目標値と、平成28年度の普及実績です。

【登録種別】

B登録(北海道以外の都道府県の区分)

【登録年度】

平成28年

【ZEHビルダーの種別】

新築注文住宅
新築建売住宅

ZEH普及目標
平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
71% 73% 76% 78% 80%
ZEH普及実績
平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
74%

平成の28年度の時点でZEH受注率74%と高い普及実績を誇っています。

積水ハウスの口コミ評判

  • 発電量を見るのが楽しみです
    HEMSで発電量をチェックするのが毎日の楽しみになっています。これを見ると節電をちゃんと頑張ろうという気持ちになり、身が引き締まります。光熱費は、1年間通じてゼロどころか、プラスになっているのでとても助かっています。
  • 子供たちの将来のために
    最初はゼロエネルギー住宅には興味がありませんでした。建てることを決意したのは、話しを聞くうちに、小さな子供たちのためにもなると思ったからです。また、環境についても考えるようになりました。家族4人と犬一匹で、快適に暮らしています。
  • HEMSでチェックするのが日課です
    毎日ガスの使用量や電気をムダ使いし過ぎてないかチェックしています。天気が良い日が続くと、太陽光発電の売電料がどれくらいになるか、とても楽しみ。学生の娘は、電気代や暑さ・寒さを気にせず勉強できるので喜んでいます。
  • スマートコモンシティに住んでいます
    「まち全体が発電所」になることを目指す、仙台市の郊外にあるスマートコモンシティに住んでいます。HEMSを活用していて、電化製品を使うのをやめると、使用電力量が目に見えて下がります。楽しみながら節電ができています。

会社情報

お問い合わせ 03-5352-3122
住所 〒531-0076
東京都渋谷区代々木2-1-1
新宿マインズタワー
アクセス 新宿駅南口より徒歩5分
ZEHに強い 2社を徹底解明ZEHに強い 2社を徹底解明