Rcdesignが建てるZEHとは

RCdesign

RCdesign

画像引用元:RCdesign
公式サイト:http://www.rc-design.jp/

RCdesignは、鉄筋コンクリート造(RC)の家作りを行うメーカーです。鉄筋コンクリートと言えばビルやマンションなど大型建造物のイメージがありますが、耐震性が高く耐火性にも優れているため、地震の多い日本の一軒家には最適。

コンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな内装を得意としている一方で、結露防止にも徹底的にこだわり、住み心地の良さを実現しています。デザインと快適性の双方を追求できるのは、コンクリートという素材のメリット・デメリットを完璧に理解している専門メーカーならではの強みです。

RCdesignのZEHこだわり

部材の選定や見直しでコストダウン
太陽光発電設備やハイグレードな断熱資材を備えているZEHは、どうしても従来型の住宅に比べ高価になってしまうのが欠点。より多くの家族にZEHの良さを実感してもらうため、RCdesignでは可能な限りのコスト削減に励んでいます。

取引業者と協議を重ねるとともに、断熱材・サッシ・各種設備機器などの見直しや選定を随時実施。性能に妥協することなくコストを抑え、リーズナブルかつ高性能な住まいを提供しているのです。
家電・換気システムから進める省エネ化
住まいの消費エネルギーを抑えるには、ハード面とソフト面双方からのアプローチが不可欠です。RCdesignのZEHでは、家の中の熱を逃さず空気だけを入れ替える熱交換換気システムを取り入れ、ハード面からエネルギーのムダ使いを阻止。

さらに、LED照明や最新式の高効率エアコン、熱効率の良い給湯器などの省エネ設備を積極的に取り入れることによって、ソフト面の省エネ性能も抜かりなくカバーしています。
RC断熱型枠システム
コンクリートは熱伝導率が高く、外気温の寒さの影響をダイレクトに受けます。そのため、経験の浅い業者がコンクリート造で家を建てると、断熱性が不十分なせいで「結露が起きやすい家」となってしまうのが宿命です。

RCdesignではこの宿命に真っ向から立ち向かい、断熱性とコストダウンに優れたRC断熱型枠システムを採用。コンクリートの弱点を巧みにフォローし、「コンクリートでも結露の起きない家」を実現しました。
RCdesignのZEH普及目標は?
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
3% 10% 20% 30% 50%

[注1]http://www.rc-design.jp/useful_and_looks_through/zeh%EF%BC%88%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%89%E3%81%AE%E5%8F%96%E3%82%8A

目標設定は標準的な伸び率です。鉄筋コンクリート造という他メーカーにはない特色があり、地震大国にとって欠かせない耐震性・耐火性という大きなアドバンテージも兼ね備えているため、今後の展開に期待できます。

口コミ

全室空調・全室床暖房の広い家をずっと夢見てきました。太陽光発電と燃料電池でダブル発電することにより、空調や床暖房の電力消費量も十分にまかなえるエコロジーハウスが完成。デザインには夫婦の要望を取り入れて、和と洋がうまく融合したクラシカルな趣の家に。機能性・デザインともに申し分のない思い通りの家になりました。

家庭用燃料電池エネファームを導入したので電気代が大幅に安くなり、ガス代も専用料金になるのでとてもお得でした。エコ発電でエネルギー消費料をまかなうエコロジー生活が憧れだったので、理想通りの家になり満足です。敷地面積15坪の狭小地ですが、凝った間取りのおかげで狭さを感じず快適で、気に入っています。

面積が限られた狭小地なので、発電設備は太陽光発電と燃料電池の2種類を併用しました。エネルギーのランニングコストが削減できるだけでなく、災害時には非常用電源として対応できる点も心強いですね。自宅と事務所の機能を併せ持った作りにしたかったので、設計面でもいろいろと要望を聞いてもらえて良かったです。

20畳以上のリビングと吹き抜け、1階~4階へと続くスケルトン階段など、鉄筋コンクリート造の安定性を活かした大胆な間取りにしました。開放感のある間取りなのに、ダブル発電で床暖房がしっかり利くから寒くありません。明るく暖かく、しかもコンクリートのおかげで防音性も十分。趣味も思い切り楽しめます。

災害の多い日本に最適な住まいづくり
創業時は木造をメインに建築を行っていましたが、阪神大震災をきっかけに「災害に強い家」を目指して研究をスタート。地震から住まいと家族を守るためには、耐震性に優れた鉄筋コンクリート造が最適だという結論にたどり着きました。

さらに、地震の2次被害として起こる火災にも着目。耐火性も向上させ、あらゆる角度から災害に立ち向かえる家を実現しています。耐震性を謳うメーカーは数あれど、耐火性にまでこだわったメーカーはそう多くありません。

RCdesigのZEH普及目標と実績

RCdesign平成28年度から平成32年度までのZEH普及目標値と、平成28年度の普及実績は下記のとおりです。

【登録種別】

B登録(北海道以外の都道府県の区分)

【登録年度】

平成28年

【ZEHビルダーの種別】

新築注文住宅

ZEH普及目標
平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
3% 10% 20% 30% 50%
ZEH普及実績
平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
0%

平成28年度時点では、普及実績は目標値を下回っています。

RCdesignの口コミ評判

  • 吹き抜けで開放感を演出
    玄関から3階まで伸びる広々とした吹き抜けを作り、空間に一体感をもたせました。大胆な構造は鉄筋コンクリート造だからこそです。ルーフテラスではガーデニングやBBQもでき、家族の仲が深まるとっておきの場所になりました。
  • 屋上庭園はコンクリート造ならでは
    屋上に土を敷き、植物を植えてスカイガーデンにしました。屋上で大量の土を使用する重みに耐えられるのはコンクリート造のメリットですね。狭い土地でも屋上にガーデンがあると、暮らしの幅が広がった気がします。
  • コンクリートの良さをしみじみ実感
    外壁はコンクリート打ちっぱなしと杉板調の外壁材を併用した仕上げに。スタイリッシュな雰囲気の中にも暖かみがあり、気に入っています。コンクリート造なので遮音性が高く、趣味の音楽鑑賞も気兼ねなく楽しめます。
  • 光と風を楽しめる家
    吹き抜けやバルコニーなどを配し、自然の光と風を十分に感じられる間取りにしてもらいました。コンクリート造のおかげで防音性も高いので家族団らんにはぴったり。友人たちも頻繁に招いて、いつも賑やかに過ごしています。

会社情報

お問い合わせ 03-3934-0835
住所 〒175-0082
東京都板橋区高島平1丁目43−14
アクセス 都営地下鉄「西台」駅より 徒歩10分
ZEHに強い 2社を徹底解明ZEHに強い 2社を徹底解明