大和ハウスが建てるZEHとは

大和ハウス

大和ハウス

画像引用元:大和ハウス
公式サイト:http://www.daiwahouse.co.jp/

国内大手8社のうちに数えられる大和ハウスは、テレビCMなどでも存在感を発揮する業界最大手クラスのハウスメーカーです。「工業化住宅」をテーマとして全国各地で長年家づくりを行ってきた経験から、合理的設計法と柔軟な対応力を培ってきました。その高い志は今、新時代の家作りに活かされています。

近年はZEH事業として、「未来のあたりまえを今実現する」をコンセプトに「スマ・エコ ゼロエナジー」を提供。家づくりのリードカンパニーとして、これからの時代に沿う新しいゼロエネ住宅への展開を着々と進めています。

大和ハウスのZEHこだわり

家中の寒暖差を軽減する高断熱仕様
冷暖房を使う夏・冬の住宅で悩ましいのが、冷暖房を使用している部屋から使用していない部屋や廊下へ移ったときの不快な温度差です。急激な温度差は特に、中高年の家族の身体に悪影響を及ぼす「ヒートショック」の原因となりかねません。

家中の断熱性能を高めた「ゼロエナジー」なら家中の温度差が小さく抑えられ、さらに保温効果によって一度稼働させた冷暖房の効きを逃さず長時間キープ。どんな季節でも最小限の冷暖房コストで、室内の気温を快適に保つことができるのです。
鉄骨造「xevoΣ」が支える大空間リビング
昨今の住宅では、余計な壁を取り払って大胆な間取りを創り出す「大空間」が大きなトレンドとなっています。しかし同時に、壁や柱を減らす大空間は耐震性の確保が永遠の課題です。

大和ハウスでは、鉄骨造に特化したカンパニーの強みを活かし、「xevoΣ」を開発。揺れを受け止める∑型のデバイスを壁内に埋め込み、震度7に耐えうる持続型耐震性能を獲得しています。万が一への備えを万全にしながらも、天井高2.72mの広々空間を実現しました。
賢く快適空間を作る「オートブレス」
24時間換気システムでは、自動で常にフレッシュな空気が供給されるでしょう。そこで大和ハウスが採用したのは、自然の力を活用して換気量を調節する、独自の換気システム「オートブレス」。

オートブレスとは、家の外と中の温度差によって吸気口の開き方が自動で変化するシステムです。温度差に応じて給気量を微調整するので、季節を問わず一定のペースで換気が行われます。まるで、家そのものが自律的に呼吸をするかのようなスマートな機能です。
大和ハウスのZEH普及目標は?
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
13% 15% 43% 50% 55%

[注1]http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/zeh/goal.html

計画前半では10%台の普及目標に留めており、業界を牽引するメーカーとしてはやや控えめな印象です。今のところ実績面では目標値を大きく上回っており、今後も順調なペースで目標をクリアしていくことが予想されます。

口コミ

太陽光発電システムのほかに、万が一のときの備えにもなるリチウムイオン電池やエネファーム、電気自動車用のコンセントなども導入しました。太陽光発電は年間12万円ほど売電できており、家計の助けになっていて頼もしいです。インテリア、収納なども我が家の希望に沿ったものを的確に提案いただき、おかげさまで理想が形になりました。

大地震が心配で、とにかく耐震性能が良い家を願っていました。そんななか、全方向からの揺れを巧みに吸収する「xevoΣ」のΣ形デバイスの存在を知って、ひと目惚れ。私自身、機械設計の仕事をしているため、このテクノロジーの高度さがよくわかります。これほどの技術なら、家族の命を任せても安心です。

鉄骨構造「xevoΣ」のおかげで、天井高は2m72cm!吹き抜けにしなくても十分に開放感があります。丈夫な構造なので、2階の一部を外に張り出させたキャンチルームも、最大1m82cm幅で取ることができました。我が家は玄関脇のバイク置き場の屋根代わりとしてキャンチルームを作りましたが、2階の空間がずいぶん広く感じます。

「xevoΣ」ならではの張り出し2階「キャンチルーム」を作り、趣のある玄関アプローチを作りました。2階にはLDKをすべてひとつながりにして、開放的な大空間を演出。バルコニーへの窓を開放すれば、バルコニーが室内と一体化したかのような広がりが感じられます。自然光が差し込む明るい住まいが理想だったので大満足です。

「team ZEVO」によるチーム戦の家作り
大和ハウスでは、営業担当・設計担当・コーディネーター・施工担当・アフターサービス担当の5名がチームとなってひとつの住まいを作り上げる、チーム戦での家づくりを実施しています。それぞれの部門に高度な専門知識を持つスタッフを擁しているのは、やはり大手メーカーならではの強みです。

経験豊富なスタッフ陣が連携してサポートするため、どんな要望にも全力で対応。機能面でもデザイン面でも、後悔のないマイホームを作り上げることができます。

大和ハウスのZEH普及目標と実績

大和ハウス平成28年度から平成32年度までのZEH普及目標値と、平成28~29年度の普及実績は下記のとおりです。

【登録種別】

A登録
B登録(北海道以外の都道府県の区分)

【登録年度】

平成28年

【ZEHビルダーの種別】

新築注文住宅
新築建売住宅

ZEH普及目標
平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
13% 15% 43% 50% 55%
ZEH普及実績
平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
22% 22%

平成28~29年度の普及実績はいずれも目標値を上回っています。

大和ハウスの口コミ評判

  • 家づくりへの熱心な姿勢が伝わった
    家づくりは初めての経験で、不安がいっぱいでした。何度も展示場にお邪魔して相談をしましたが、営業担当の方は私達の質問に一つひとつ丁寧に対応。「しっかり納得したうえで家を建てて欲しい」という思いが伝わりました。
  • 「xevoΣ」ならではの空間使い
    大開口が作れる「xevoΣ」を活かし、車2台を並列駐車できるビルトインガレージを作りました。大切な車を屋根付きの車庫に格納できるうえに、雨の日も一切濡れることなく車までたどり着けるので助かります。
  • 天井高2.72mの広々キッチン
    キッチンは2面に窓を設け、自然光が降り注ぐ環境に。2m72cmの高い天井のおかげで伸びやかな空間ができあがりました。ダイニング側からは収納が見えない作りや、素敵な色合いの吊り戸棚など、細かい部分でも気が利いています。
  • たくさんのメーカーを巡ったけれど
    いくつものメーカーを回りましたが、一番返答が早く誠実に対応してくれたのは、やはり最初から気になっていた大和ハウス。天井高2.72mにも魅力を感じ、ここしかないと大和ハウスに決めました。

会社情報

お問い合わせ 06-6346-2111
住所 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田3丁目3−5
アクセス 各線「梅田」「大阪」駅より徒歩5分
ZEHに強い 2社を徹底解明ZEHに強い 2社を徹底解明