防音・遮音・吸音の違い

遮音性能を高めて
静かに暮らす

現在住んでいる住まいについて不満に感じることを聞くと、必ずといっていいほど上位に入ってくるのが音の問題。上の階からの足音がうるさい、隣の人の話声が聞こえるなど、その悩みはさまざま。
またこちらの声が聞こえないようにと、気を遣って暮らすのもストレスの原因になってしまいます。家を建てる際によく耳にする、防音・遮音・吸音という言葉をご存知でしょうか?この3つの言葉をしっかり理解して、後悔しない家づくりをしましょう。

防音と遮音と吸音の違い

防音とは

防音は、読んで字のごとく音を防ぐということ。家の外の音が家の中に入ってこないように、また室内の音が外に漏れたりするのを防ぐことを意味しています。

遮音・吸音と違い、防音は具体的な方法のことではありません。「防音対策」や「防音素材」と呼ばれているものは、実は遮音や吸音のための対策や素材のことを意味しています。

遮音とは

空気中を伝わってくる音を遮って、外に音を通さないようにすること。遮音は3つの防音対策の中でも、1番簡単にできる対策といえます。 遮音の仕組みは、伝わってくる音を跳ね返して音を遮断させるというもの。例えば、部屋の中で音楽を聴いている場合は、壁やドアや天井が音を跳ね返してくれます。音漏れの心配が少なくなりますが、あまり遮音性の高い家にしてしまうと、跳ね返ってきた音が反響してしまい、室内での音が聞こえづらくなってしまうというリスクが。さらに聞こえる音が元の音と変わってしまうというデメリットもあります。

遮音をするためには、鉄板やコンクリート、石膏などの素材を使います。これらの素材は遮音性に優れた素材ですが、費用がかかり重量も重いため、施工するのが大変という点も特徴の1つとして挙げられます。

吸音とは

吸音も遮音と同様に音を防ぐための方法です。吸音は字の通り音を吸収することで音が反射してしまうのを防ぎます。それによって、音が部屋の外に出てしまうことや室内で反響してしまうことを抑制するという方法です。

吸音の仕組みは、細かい穴がたくさんある素材を使った壁や天井が、音を吸収するというもの。素材はグラスウール、ロックウール、ウレタンフォームなどが多く使われています。

外に音が漏れることなく、さらに室内で聞こえる音の聞こえ方もクリアというところが特徴。吸音性を求めすぎてしまうと、反響音がまったくなくなってしまい物足りないと感じてしまうこともあるそうです。

まとめ
ポイントを押さえた防音対策が大切

防音性の高い家をつくるためには、まず遮音対策を基本にして考えるようにしましょう。遮音を基本に、さらに適切な場所で吸音対策を取り入れることで、効率的に音漏れを防ぐことができます。

また、楽器を弾いたり音楽を聞いたり、映画を大きなスクリーンで見るのが趣味という方は、ある程度音の響きがある音響空間が必要となります。

防音対策は、注文住宅を建てる際、きちんと考えておきたいポイントです。住んでみなければわからないことですが、ここがしっかりしているかしていないかで、住み心地も大きく変わってくるでしょう。