何が違う?スマートハウスとZEH

スマートハウスと
ZEHの違い

スマートハウスとZEHのシステムは、実はほとんど同じです。では何が違うのかというと、「創り出せるエネルギー量」「消費するエネルギー量」の2つです。
ZEHは、1年間で消費するエネルギーを全て自分の家で作ったエネルギーでまかなえる住宅、もしくは自分でつくったエネルギーが消費エネルギーを上回る住宅という条件があります。
しかしスマートハウスはあくまでエネルギーをスマートに使える家ということ。使用エネルギーをゼロにするということは目指していません。
そのため、スマートハウスが進化したものがZEHであるとも言えます。

スマートハウスとは

スマートハウスとは、太陽光発電などで作り出す電力や、蓄電池に貯めた電力など、エネルギーを無駄なくかしこく使う家のことです。HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を利用することで、今どれくらいの電力を使っているのか、太陽光発電の発電量はどれくらいか、簡単に知ることができます。

元々、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素を減少させる目的で、いろいろなところで取り入れられている省エネ。東日本大震災の後、さらに節電への注目も高まり、省エネの重要性が再認識されています。

省エネというと、夏場クーラーを我慢して暑い中過ごしたり、冬場は家の中でも厚着をして暖房を使わなかったりということが省エネにつながっていました。しかしこの方法では、人々が我慢をすることでお金を使うことが減ってしまい、経済が立ち行かなくなってしまうという懸念点があります。

そこで注目されたのがスマートハウスです。HEMSを利用して住人自身が電気やガスの使用量を細かく理解することで、自分自身で使用を抑制する。さらに使用する電気機器やガス機器も省エネ型の機器を導入する。これによって前と比べて結果的に省エネできているというのがスマートハウスの考え方です。

スマートハウスのメリットとデメリット

スマートハウスのメリットはたくさんあります。まずはエネルギー使用量を常に把握でき節約へのモチベーションがあがること。毎月電力会社やガス会社から送られてくる明細でしかエネルギーの使用量の把握はできませんでしたが、それが毎日リアルタイムで確認できることによって、自然と節約につながります。

さらにHEMSを利用することによって、時間や状況などお好みの設定をすることで、自動で電気を消したり、使っている電力量が一定量に達すると優先度の低い家電をOFFしたりすることができます。それだけでなく、蓄電池や太陽光発電システムを導入することで災害など非常時の備えにもなります。

スマートハウスのデメリットは、ZEHと比較して特別何かデメリットがあるというわけではありません。最大のデメリットと言えばイニシャルコストがかかってしまうというところ。しかしこれはZEHも同様で、どちらも長期的に見れば導入した方がお得になります。

まとめ
将来的にはスマートハウスよりもZEHがお得?

スマートハウス、ZEHの違いやスマートハウスのメリット・デメリットを説明してきましたが、電気を見える化して賢く使おうという目的は同じ。さらにどちらも初期費用がかかってしまうという点も同じです。 しかし費用の面では、前述した通り、長期的な視点で見ればどちらもお得になります。

現在、2020年までにZEHを標準的な新築住宅にしようという動きがあり、補助金なども充実しています。これから新築するのであれば、光熱費がゼロになるだけでなく、上手くいけばプラスになることも期待できるZEHを検討してみてはいかがでしょうか。