ZEHと蓄電池の関係

ZEHを創エネから考える

蓄電池

電気を蓄え、必要な時に必要な分だけ使ことができる蓄電池。太陽光発電を導入するなら、同時に蓄電池のことも考える方がほとんどだと思います。
これまでは産業用として使われることが多かったのですが、近年防災意識が高まっていることや、省エネを促進する動きがあることから、家庭用の蓄電池の需要が高まっています。
太陽光発電とはとても相性が良く、この2つを組み合わせて使うことでメリットが増えます。ZEHに搭載必須な太陽光発電とあわせて、今後も普及が進んでいくものと考えられます。

蓄電池を搭載すると何がいいのか

メリットは大きく分けて3つ

  1. 売電量がアップする

    太陽光発電は、昼間太陽が出ている時間しか電力をつくることができません。太陽が出ていない時間帯は、電力会社から買った電気を使用して生活をします。

    しかし蓄電池があれば、深夜電力が安くなっている間に蓄電池に充電をしておくことができるため、その分余剰電力が増え、売電量もアップします。このほかにも、ライフスタイルにあわせて蓄電池をどう使うかは異なるため、業者に相談してみると良いでしょう。

  2. 災害時や停電時も安心

    近年防災意識がとても高まってきています。蓄電池に貯めておいた電気は、いつでも好きなタイミングで使うことができるので、万が一の災害時にも安心です。

    製品にもよりますが、停電時に優先して使いたい家電製品を設定しておくことができます。太陽光発電や蓄電池から供給された電力を使って、最大で24時間使用可能なものもあります。

  3. 環境にやさしい

    昼間、夜間に貯めた電力を活用することで、発電電力量の軽減につながります。二酸化炭素の排出量を削減して、環境にやさしい社会をつくることに貢献できることもメリットとしてあげられるでしょう。

蓄電池の費用と種類

家庭用の蓄電池は複数のメーカーから発売されています。ここでは、各社の製品の概要や費用、蓄電池の種類やメンテナンスの必要性などについて解説します。

蓄電池メーカー

家庭用の蓄電池を製造・販売しているメーカーには、シャープ、パナソニック、東芝、長州産業などといった大手の名が並びます。特徴的なのは、日本を代表する電機メーカーや、太陽光発電分野に強い会社が多いことです。

以下に、そうした代表的な会社の蓄電池をご紹介しています。

シャープの蓄電池

シャープの蓄電池は「クラウド蓄電池」の名がつけられており、太陽光発電と連動・非連動どちらにも対応している製品です。コンパクトな設計により屋外設置型だけでなく屋内設置が可能なものもあります。また、クラウドHEMSを使うことで、気象警報の発表にあわせて自動で充電することが可能です。さらに、電力見える化により消費電力量や蓄電池残量を確認することができます。

システム価格は、4.2kWh~のスタンダードタイプで180万円前後~、8.4kWh~の大容量タイプで290万円前後~です。保証については、10年の無償保証と15年の有償保証が選べます。また、蓄電池のエラーチェックから対応までのサービスを受けられる「蓄電池Webモニタリングサービス」に申し込むことができます。

パナソニックの蓄電池

パナソニックの蓄電池は、1kWhの小型蓄電池から大容量のシステムまでラインナップが豊富です。壁掛け型の存在や、受注生産品が多いことも特徴といえます。スマートHEMSサービスで、スマートフォンを使って発電状況を確認することもでき便利です。一部商品に例外はありますが、10年無償・15年有償保証などはシャープと同様で、費用は5.6kWhのシステム価格で160万円台~200万円台といったところです。

東芝の蓄電池

東芝の蓄電池「エネグリーン」には、超寿命で安全性の高いリチウムイオン電池が採用されています。4.4kWhタイプが210万円、6.6kWhタイプは270万円で、保証期間は10年です。また、各種の運転モードが用意されており使い勝手が良いといえるでしょう。もちろん、東芝HEMSで見える化などにも対応しています。

長州産業の蓄電池

長州産業のスタンドアローン蓄電システムCICは、クラウドHEMSの見守りサービスによって緊急時に連絡をもらえるなどのサポート体制が充実しています。費用は4.2kWhのシステム価格が部材含めて150万円台で、太陽光発電連携型になると6.4kWhでシステム価格が260万円台になります。保証期間は10年間です。

蓄電池のタイプとメンテナンス

蓄電池には独立型と連動型があります。独立型は電力網につながない蓄電池ですが、多くは小型で取り回しがよく、費用も安く済むものが多いようです。また、蓄電池の多くはリチウムイオン電池を使用しています。蓄電池はメンテナンスの負担が比較的少ないとされる機器です。リチウムイオン電池を搭載した製品の形状からも、ユーザー自身が特別手間をかけてメンテナンスをする必要はないといえるでしょう。

蓄電池の問題点

蓄電池を導入する前に知っておきたいことまとめました。蓄電池は後から搭載することも可能です。事前にしっかり学びましょう。

容量によって変わる

蓄電池が電気を貯められる量は、無限ではありません。製品によって電気を貯められる量が異なり、小型の製品やポータブル式の製品は、蓄電容量が少ないものも。

非常時のことを考えると、使った分を蓄電しておく必要があります。製品によっては残量を簡単に確認できるものもあるので、意識しながら使えると良いですね。

寿命があるため交換が必要

リチウムイオン電池は、充放電できる回数が決まっています。充放電回数を超えてしまうと、蓄電容量がどんどん減ってしまうので交換が必要となります。

メーカーごとに保証期間や残存容量も異なるので、長く使える製品を見極めなければいけません。

蓄電池を置く場所を取る

家庭用の蓄電池を設置する場所が必要となります。サイズの目安は、幅が100cm、奥行が30cm、高さが120cmとなります。さらに設置場所には条件があり、夏場日当たりが良すぎて高温になってしまったり、冬場凍ってしまうほど寒くなってしまう場所はNG。

また結露にも弱いので注意が必要です。設置場所の事前調査は、蓄電池を長持ちさせるために、必ず行いましょう。

まとめ
蓄電池は家計を助ける強い味方!

ここまで、蓄電池のメリットやデメリット、太陽光との関係などを解説してきました。蓄電池は太陽光発電との相性がとても良く、導入することで家計を助ける強い味方になるでしょう。

また、災害時にも利用できるため、あるだけで安心につながります。導入するためにはコストもかかりますが、長い目で見るとお得です。蓄電池の種類やプランなどは住まいごとに異なるため、業者にぜひ相談してみてください。