太陽光発電で得た電力は売電しよう!

ZEHを創エネから考える

売電について

太陽光発電によって昼間に発電された電力は、使用する電力に回すことができます。そこで使用しきれずに余った電力のことを余剰電力といいます。
蓄電池を持っていればその余剰電力を貯めておくことができるのですが、それができない場合は自宅につながっている送電線から電力会社に送り買い取ってもらうことができます。この仕組みを売電と呼びます。
これは国によって定められた固定価格買取制度で、再生可能エネルギーで発電された電力を、電力会社が一定の価格で買い取ることが定められています。

余剰売電と全量売電の違い

どちらを選ぶかは家ごとに変わってくる

太陽光発電は、住宅用と産業用の2つにわけられます。住宅用は余剰電力を買い取ってもらうことができるというところが特徴。産業用は、発電した電力を全て買い取ってもらえる、全量買取制度の対象になるのが特徴です。

「産業用太陽光発電」という名前を聞くと、一般住宅では搭載できないと考えてしまう方が多くいらっしゃいますが、実は違います。

全量買取制度の対象になるかどうかは、設置容量によって変わります。設置容量が10kWを超えると、一般住宅でも全量買取制度の対象となります。逆に事務所や店舗などでも、10kW未満であれば、余剰買取制度が適用されるのです。

1kWを設置するには、10平方メートルの面積が必要です。産業用の対象にするには、100平方メートルの面積が必要ということになります。一般的には屋根に搭載しますが、屋根だけでは足りない場合はカーポートや庭などにも設置して合計10kW以上になればOKです。

余剰電力買取の固定買取期間が10年間なのに対し、全量買取は20年間。これを見ると10kW搭載できる面積があれば産業用の方がお得なように見えますが、産業用の場合は設置時の補助金が出ません。

どちらを選ぶかは、家によって、何をとるかによっても変わってきますので、住宅メーカーによく相談するようにしましょう。

売電するには

売電する前にこれだけは押さえておこう!

当たり前ですが、太陽光発電をするためには、まず太陽光パネルの設置をしなければなりません。工事をして売電メーターがついてようやく、太陽光発電がスタートします。

売電するための接続業務は、電力会社側でしかできないため、事前に申請しておく必要があります。電力会社への申請は、施工会社からしか申請ができません。その際に売電契約も申請することになります。このやり取りは実際にはすべて施工会社が代行してくれるので、こちらがすることは何もありません。

余剰電力があっても売電ができない場合があります。しかしこれは稀なことで、例え起こったとしても継続的に続くことではありません。そのためあまり深刻になる必要はありませんが、万が一のためにそういうこともあるということを頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ
施工会社にお任せすれば大丈夫

余剰電力の売電は、思っているよりも家計を助けてくれることになります。そこで得たお金は住宅ローンの返済にあてたり、その他の生活費にあてることができるため、太陽光発電を導入するなら、必ず売電については事前に考えておきましょう。

といっても難しいことはあまりなく、面倒な手続きなどは施工会社が代行して行ってくれるので心配はいりません。設置してしまえばあとは特に何もする必要がないところも魅力的ですね。