これから家を建てるなら、お得なゼロエネ住宅

HOME » ゼロエネ住宅の工夫3「省エネ設備を導入する」 » 給湯

給湯

日本では特に住宅分野でのCO2排出量が1990年代と比較すると26.9%増と、見過せない問題になっています。

エネルギー消費を抑えるスマートハウスの省エネ給湯

エネルギー消費の割合として冷暖房に次いで多い給湯設備の多くがガスの燃焼によるものだということも、無関係ではないでしょう。

「ゼロエネ住宅」では建物をトータルで省エネするために、お湯を沸かすためだけにエネルギーを使わない排熱利用の給湯システムの開発も進んでいます。

省エネ給湯器の種類

【CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)】

燃焼を伴わずに空気の熱でお湯を沸かし、消費した電力エネルギーの数倍の熱エネルギーを得る「ヒートポンプ給湯器」は、地球温暖化対策の切り札としても注目されています。

室外機によって温水を作る場合は外気温の影響を受けやすいなどの欠点もありますが、外気に影響されない新しいシステムの製品なども発売され始めています。

【潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)】

従来のガス給湯器では水蒸気として排気されていた熱(潜熱)を回収、再利用することによって給湯効率を1.2倍にまで高めた給湯システムです。温水を作るために使用するガスの量が減少するため、光熱費削減とCO2発生量を抑制できる利点があります。

【潜熱回収型石油給湯器(エコフィール)】

潜熱回収型の給湯器で仕組みはエコジョーズと類似していますが、熱源に石油を使用したものです。従来のガス給湯器では熱損失を考慮して200度の温度で出湯していましたが「エコフィール」はこれを60度に設定することで、大幅な省エネを実現しています。

【ガスエンジン給湯器(エコウィル)】

都市ガスを燃料としたエンジンによって発電を行い(コージェネレーション)、排熱で温水を作るシステムです。エネルギーを再利用するため無駄が少なく同時にエネルギーを作り出すこともできるため、太陽光発電システムと組み合わせて利用することで「ゼロエネ化」を効率的に行うことが可能です。

省エネ給湯器の光熱費削減効果

給湯器では排熱のロスを減らすことが省エネに直結する特徴があります。そのため最近の省エネ給湯システムの多くが排熱を二次利用して、温水を効率的に作る仕組みを採用しています。

省エネの仕組みや機種によって効果に違いはありますが、従来のガス給湯器と比較すると平均で15%程度の省エネ効果が得られるようです。

また、省エネ給湯器から照明、家電製品など、住宅内すべてのエネルギーを一括で制御し、光熱費削減の効果が高いシステムを備えているスマートハウスが注目されています。

 
ゼロエネ住宅を建てよう