これから家を建てるなら、お得なゼロエネ住宅

HOME » ゼロエネ住宅の工夫3「省エネ設備を導入する」 » 冷暖房

冷暖房

ゼロエネルギーハウスを実現するためには、消費するエネルギー量を削減する「省エネ」とエネルギー消費量に見合った「創エネ」の両立が必要です。

ゼロエネ住宅/スマートハウスの空調設備

「省エネ」の工夫によってエネルギー消費量を減らすことは太陽光発電などで作り出すエネルギー量も少なくて済むことになるので、発電システムの導入費用削減や売電によって得られる収入の増加など大きなメリットを生み出す可能性があります。

「省エネ」に最も効果的な機器としては、エアコンなどの冷暖房が一番にあげられるでしょう。

地域や気候によって変動があるものの、一般的な家庭で消費するエネルギーの50%以上は電力で占められています。その電力の中でも年間で最も消費量が多い冷暖房機器は、消費電力量の60%に及ぶことも少なくないのです。

住宅におけるエネルギー消費の30%にもなる冷暖房の見直しは、「ゼロエネ住宅」実現のための必須事項だということになるでしょう。今日では、住宅内のエネルギーを、一括で管理できるシステムを備えたスマートハウスが注目を集めています。

省エネ空調設備の種類

【ヒートポンプ空調機】

「ヒートポンプ」は冷蔵庫などで庫内を冷却するために使われている技術で、熱媒体の液化と気化の際の熱の移動を利用しています。エアコンでも冷房時には「ヒートポンプ」が使われていますが、暖房の際には熱源としてヒーターが使用されているのが一般的です。

ヒーターの代わりに「ヒートポンプ」の原理によって排出される熱を暖房に使用できるようにしたものが「ヒートポンプ式エアコン」です。ロスの多いヒーターを使わず、直接にエネルギーを熱に変換できるので効率が良く消費電力が少ない利点があります。

【高効率エアコン】

エアコンにはAPFとして、省エネの指数が表示されています。これは1kWの電力でどれだけの冷暖房効果が発生させられるかという数値で、数値が高いほど省エネ効果も高いことを表します。家電メーカー各社が技術的にしのぎを削っているのが現状ですが、AFP値6.5クラスのエアコンであれば、相当の省エネ効果が期待できると考えて良いでしょう。

【温水式暖房機】

温水を還流させることによって暖房を行う「温水式暖房機」には床暖房タイプ、パネルヒータータイプ、温風タイプなどがあります。熱源としてはガスが一般的ですが、温水を作る際の排熱を利用して加温効率を高めた製品など省エネとともに環境に配慮した機器が開発されています。

省エネ空調による光熱費削減効果

最新式の省エネエアコンの性能は、数年前の製品と比較すると飛躍的に向上しています。

ここ10年間で比較しても10年前の年間消費電力量が1,500kWhの住宅の場合、最新エアコンでは850kWhと約40%の削減が実現されています。

年間電気料金に換算すると10年前が32,000円だったものが18,000円と、大幅な節約になっていることがわかります。

 
ゼロエネ住宅を建てよう