これから家を建てるなら、お得なゼロエネ住宅

HOME » ゼロエネ住宅の工夫3「省エネ設備を導入する」

ゼロエネ住宅の工夫3「省エネ設備を導入する」

「ゼロエネ住宅(「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」)」で一次エネルギー消費量を正味(ネット)ゼロにするためには、第1段階としてエネルギー消費量を減少させる「省エネ」の工夫が不可欠です。

省エネの効果が高く消費するエネルギー量を低く抑えることができれば、太陽光発電システムなどによって作り出す「創エネ」のエネルギー量も少なくて済むからです。

省エネの効果を知る

「省エネ」の効果が期待できる機器や熱利用システムなどの紹介をしています。

【冷暖房】

一般的住宅で消費するエネルギーの3割は、冷暖房に使用するエアコンなどの機器の電力です。省エネ効果が高い「高効率エアコン」「ヒートポンプ空調機」「温水式暖房機」の説明と導入のメリットを考えてみました。

【給湯】

給湯システムは排熱を抑えて二次利用することで、省エネ効果が高いシステムが開発されています。CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)、潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)、潜熱回収型石油給湯器(エコフィール)、ガスエンジン給湯器(エコウィル)の説明をします。

【照明】

年間を通じて季節に関係なく使用される照明のエネルギー消費量も、見過すことができない省エネのポイントです。白熱電球を蛍光灯やLEDに交換することで、どれくらいの省エネ効果があるか調べてました。

【太陽熱・地熱利用システム】

太陽熱温水器や地熱を利用した冷暖房システムなど、補助的に「省エネ」「創エネ」効果が期待できるシステムを紹介しています。

【エネルギー計測装置】

「ゼロエネ住宅(「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」)」の補助金受給のために設置が定められています。直接的に「省エネ」「創エネ」の効果は有りませんが、エネルギー消費量を数値で確認できるのは大きなメリットにつながります。

 
ゼロエネ住宅を建てよう