これから家を建てるなら、お得なゼロエネ住宅

HOME » ゼロエネ住宅の工夫1「住宅性能を高める」 » 断熱(※必須仕様)

断熱(※必須仕様)

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」では、補助金を申請する必須要件として「一定の断熱性能を有すること」が挙げられています。

ゼロエネ住宅の断熱性能を比較判断するためには数値化する必要があるため「Q値」「K値」「C値」が用いられています。それぞれについて簡単に説明してみましょう。

断熱性能の数値化

【Q値】

「熱損失係数」のことで、数値が少ないほど断熱性能が高いことを表します。屋内と屋外の温度差が1℃のときに床や壁、天井、窓、換気などによって屋外に逃げてしまう「熱損失量」の合計を延べ床面積で割って求めます。

Q値(熱損失係数)の計算には建物に使用されている部材の「熱伝導率」と、外気に接している部分の「熱貫流率(K値)」、延べ床面積などのデータが必要です。

【K値】

「熱貫流率」のことです。数値が少ないほど断熱性能が優れていることになります。建築などに使われる部材を挟んで、室内と室外の温度が透過して移動する(貫流する)率を数値にしたもので、部材ごとの「熱伝導率」「熱抵抗値(熱の伝えにくさ)」「部材の厚さ」から計算で求めます。

【C値】

「隙間相当面積」のことで、建物の気密性を表す数値です。数値が少ないほど気密性が高く、冷暖房の効果が大きくなります。

断熱性能の基準

住宅の断熱性能は「省エネルギー法」によって基準が定められています。これは地球温暖化防止のためのCO2排出抑制の目的を達成するためと、最近では原子力発電の見直しの必要性からも重要な事項として取り上げられるようになりました。

また、高断熱住宅は光熱費の節約や住空間の快適性の面からも、次世代の有り得べき住宅像として注目されています。

地域による断熱性能の熱損失係数Q値の区分

「断熱地域区分」は各地の気候によって、6つに区分されています。
同じ都道府県内でも土地の気候や日照によって幾つかの区分に細分されているところもありますが、主な分類は次の通りです。

【Ⅰ】(熱損失係数Q値の基準:1.4)
北海道
【Ⅱ】(熱損失係数Q値の基準:1.4)
青森県・秋田県・岩手県
【Ⅲ】(熱損失係数Q値の基準:1.9)
宮城県・山形県・福島県・栃木県・新潟県・長野県
【Ⅳ】(熱損失係数Q値の基準:1.9)
茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・富山県・石川県・福井県・山梨県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県
【Ⅴ】(熱損失係数Q値の基準:1.9)
宮城県・鹿児島県
【Ⅵ】(熱損失係数Q値の基準:3.7)
沖縄県
 
ゼロエネ住宅を建てよう