ZEHとガス代の関係

ZEHの魅力。光熱費がプラスになる仕組み

ガス

お風呂に入るとき、料理をするとき、お湯を沸かすとき、ガスは私たちの生活の中でも重要で毎日必ず使うものです。
ZEHにすることによって、ガス代が節約できることはご存知でしょうか?今まで当たり前のように支払ってきたガス料金をなくすことができたら、その分をローンの返済にあてることもでき、とても助かりますよね。そもそもガス代とはどういう計算で算出されているのか、ZEHにするとなぜガス代が安くなるのか解説していきます。

そもそもガス代とは

基本料金+従量料金で決まるガス代

日常生活で電気と同じく欠かせないのがガス。最近はオール電化でガスを一切使わないという家もありますが、料理をするときやお湯を沸かすときには、やっぱりガスが便利という人も多くいます。

都市ガスを使用している場合、ガス料金は通常、基本料金+ガスの使用量に応じた従量料金という二部料金制となっています。この2つを合わせたものが支払うべきガス料金となって請求されるのです。

基本料金は、ガスの使用の有無にかかわらず毎月支払わなければなりません。ガスメーターに付き、ひと月の金額が決まっています。一方ガスの従量料金は、使用量によって算出。使用料によって毎月異なりますが、料金メニューや住んでいる地域などによっても変動します。

一般的なガス代を調べてみた

一般的な使用量をもとに、1人暮らし・2人暮らし・4人暮らしのガス代の相場を調べてみました。

1人暮らしの場合

都市ガス:3,216円
プロパン:4,824円

2人暮らしの場合

都市ガス:約7,500円
プロパン:約11,250円

4人暮らしの場合

都市ガス:約15,000円
プロパンガス:約22,500円

地域や契約している会社によっても料金はかなり変わってきますが、プロパンガスは都市ガスと比較するとかなり高いことがわかります。これはあくまでも1年間の平均値のため、例えば冬場の4人暮らしの場合、30,000円を超えてしまうことも。都市ガスは2017年4月からは自由化もはじまっており、各社値下げやポイントサービスなどを行っています。また今よりさらに料金が下がることも期待できそうです。

ZEHでお得になるガス代のしくみ

オール電化を取り入れよう!

ZEH住宅でガス代をお得にするには、オール電化を取り入れる必要があります。 オール電化を取り入れると、ガス給湯器はエコキュートに、ガスコンロはIHクッキングヒーターになります。エコキュートもIHも電気で動くため、今までガス代として支払ってきたものが、電気代に加算されることに。

ではどうして光熱費が安くなるのかというと、まずはガス代の基本料金がなくなるということが1つ。

さらに、エコキュートはガスの給湯器と比較して効率的にお湯を沸かすことができます。また電力会社はオール電化を普及するために、時間帯別にお得になるコースなども用意されているため、それをうまく利用することで電気代を下げることができるのです。

まとめ
ガス代が節約できる他にもメリットがいっぱい

ZEHでオール電化を導入することによって、ガス代が大幅に抑えられることがわかりました。最初に説明したように、都市ガス・プロパンガスともに使用量に伴う料金の他に、基本料金を支払っています。これがなくなるだけで、かなり得をしているといっても過言ではありません。

また、IHクッキングヒーターには、掃除がしやすくなることや、火事の心配が減ること、キッチンがスタイリッシュなイメージになるというメリットも。せっかくZEHで太陽光発電を導入するなら、ぜひオール電化にしてガス代を節約することをおすすめします。